日ハム・中田翔“暴力騒動”で追放か…日頃の行いを糾弾する野球ファン

(C)Vulp / Shutterstock 

プロ野球『北海道日本ハムファイターズ』の中田翔内野手が、チームメイトに暴力を振るったことが発覚。8月11日、日ハムは中田選手に無期限の1軍・ファームすべての試合の出場停止処分を科したと発表した。

報道直後、ネット上では被害にあった選手が誰なのか詮索する動きが加速。入団6年目の井口和朋投手であることがわかり、ファンをザワつかせている。

「騒動が起こったのは、4日に函館で行われたエキシビションマッチ『横浜DeNAベイスターズ』戦の試合前でした。中田選手はベンチ裏で複数の選手の前で、井口投手に対して突発的に腹を立てて手を出したようです。すぐに周囲の選手が止めに入り場は収まりましたが、その後、井口投手が暴行を受けたことを申告。中田選手は1回裏終了時に途中交代を命じられ、球場を後にしました。2人は特別仲が悪かったわけではないようですが、さすがに手を上げるのはマズかったですね。中田選手は過去にもチーム内で声を荒らげるなど問題行動を起こしており、球団も今回ばかりは見過ごすことができなかったのでしょう」(スポーツライター)

中田翔は元々“トラブルメイカー”だった?

日ハムファンの間では中田選手の後輩への暴力はよく知られていたといい、ネット上では

《中田はベテランの行為としてどうかと思うし、周りから聞こえる声も不快感しかない。まさに弱いチームの姿だわ》
《中田も典型的ないじめっこだよな。自分より下のちょっかい出しやすい人間しかターゲットにしない。本当に最低だよ》
《球団が公表をしたってことはもう庇いきれないってことでしょ。引退も十分あるだろうね》
《悪い体育会系の見本のような行動。チームでは年長だし家庭では父親なんだからもう少しちゃんとしてくれないと困りますよ。猛省して欲しい》
《中田選手、終了のお知らせだね。暴力を公然と振るっては流石にダメでしょう。日頃の行いも良くないようだしね》
《絶対初めてじゃないだろ。じゃれてるレベルの暴行じゃないし、問題にならないからどんどんエスカレートしていったパターンじゃないか》

などと非難の声が殺到している。

日ハムの川村浩二球団社長は「看過できないし、どんな選手であっても、どんな場合であっても、暴力は許されない」と切り捨てた。

中田選手は4月にも空振り三振後、ベンチでバットを叩きつけて破壊するなど、散々トラブルを起こしているだけに、最悪、チームから放出される可能性もあるだろう。

【あわせて読みたい】