『サンモニ』炎上商法の限界?“老害番組”で割り切れないレベルに到達…

関口宏

関口宏(C)まいじつ

8月11日、日本ボクシング連盟の内田貞信会長が、『サンデーモーニング』(TBS系)に抗議文を送ったと発表した。

原因になったのは、8月8日放送の『サンモニ』で野球評論家・張本勲氏の口から飛び出した発言。張本氏は女子ボクシングフェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手が取り上げられると、「女性でも殴り合い好きな人がいるんだね」とコメント。

そのままの勢いで、「見ててどうするのかな? 嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね」といった発言を繰り出し、視聴者を凍りつかせていた。

女性やボクシングを侮蔑しているともとれる発言に、内田会長は黙っていられなかった様子。「ボクシングを愛している方々のために、女性のボクサーのためにも誤解されたくない。抗議文を出させていただきました」などと説明し、抗議するにいたったようだ。

本当に悪いのは『サンモニ』の編成?

一連の騒動に対してネット上では、

《「歳だから」「この年代はしょうがない」では済まされない。明らかな女性差別だし、許されない。厳しく断罪されるべき》
《張本、関口を未だに使っているのが理解不能。そもそもこの番組は見ないが、こんな番組が続いていることが不思議》
《今回のいかにも年寄りっぽい偏見発言。この人は前からそう》
《事あるごとに、問題発言を繰り返す張本氏。古い考えで時代にそぐわないコメンテーターをなぜ使い続けるのか?》
《張本さんはそろそろテレビに出てはいけないのかもしれない。家のリビングで独り言を言ってて下さい》

などと張本氏への批判が殺到。一方で張本氏の発言に抗議した内田会長には、絶賛の声が寄せられている。

張本氏はこれまでも昭和の価値観が抜けないコメンテーターとして、数多くの炎上騒動を巻き起こしてきた。番組内では野球評論家として出演しているにも関わらず、自身が現役時代に所属していた『読売ジャイアンツ』を擁護する場面も多くあり、ノイズになってしまっていることも少なくない。

後日、番組は連盟へ謝罪文を提出したようだ。番組プロデューサー・金富隆氏の名前で送付された文には張本氏のコメントも含まれており、氏は《今回の私の発言は言葉が足りませんでした。入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです》と説明している。

しかし〝言葉が足りなかった〟という部分にひっかかる人は多く、

《これは言葉足らずが原因ではないと思う》
《謝罪じゃなくて言い訳》
《ボクシング連盟に反省文を提出してこれで一件落着? 冗談じゃない。ボクシングだけでなく、その根底には女性蔑視が存在する。「言葉足らずの面があった」なんて、不祥事を起こした政治家の弁明と同じ》
《森さんをあれだけ叩いて、辞任させたサンデーモーニング。当然、張本も降板させなければ示しがつかないでしょう》

と火に油を注いでいる状態だ。

張本氏の発言を振り返ると擁護できないレベルに酷いが、それよりもタチが悪いのは張本氏を起用し続ける番組だろう。年寄りの凝り固まった考えをほぐすのは不可能に近いので、視聴者から怒りを買った時点で降ろすべきだったと思うのだが…。

【あわせて読みたい】