反論殺到! カズレーザーが“デリカシーゼロ”発言「残酷でしょう」「気づけよ」

カズレーザー 

カズレーザー (C)まいじつ 

過度にマスコミに持ち上げられた結果、全発言が正論かのようなイメージを植え付けられてしまった『メイプル超合金』のカズレーザー。彼の発言がまたもメディアで持ち上げられたが、冷静なネットユーザーからは反論が相次いでいる。

発言を伝えたのは、またもスポーツ紙のWEB版。カズは世間を騒がせている河村たかし名古屋市長の〝メダルかじり問題〟について、8月12日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で持論を述べた。

〝かじり〟を受け、被害者である女子ソフトボール・後藤希友選手に同情が殺到したのは周知の通り。これを受けてか、IOCはメダルの交換を決めているが、カズはこれについて「ご本人が了承して交換することなんで。それまでなんじゃないですか。そんなに引っ張るような問題でもない」と冷笑的にきっぱりコメントした。

メダルの交換費用をめぐっては、IOCの負担となることが伝えられている一方、河村市長は個人で負担する意向を表明している。すると、カズはこれに関しても「(後藤選手)本人は河村さんとそんな接点持ちたくないから、別におごってもらいたくないでしょ(笑)」と憶測を述べ、「後藤さんの意見がシカトされているのが一番良くない。こういう流れだったら受け入れざるを得ない」と、後藤選手の意見を聞くべきだと続けた。

ズレズレで浅はかな発言に異論噴出「言わせるのも残酷」

しかし、冷静なネットユーザーからは、

《さすがに直接「ショック、交換してほしい」とは言えないでしょうし、後藤さんが自分の意見を公に言う事はなかなか難しいし、言わせるのも残酷でしょう》
《本人は意見なんか言いたくないだろ 察してほしいし、「周りが決めたことだから仕方なく受け入れました」のほうがカドが立たない》
《後藤さんが所属しているトヨタの意見が後藤さんと親御さんの意見 気づけよw》
《意見求められても困るよな 優しい人なら、本心がイヤでも取り替えて欲しいとも言いにくいし》
《表に出すとカドが立つから公にしてないだけで裏で本人の意向くらいは確認してるでしょ》
《本人の意見、強要するのもなあ だって、何か言えば政治的にマスコミ的に引用されるの必至なのに》

といった声が噴出。カズの浅さに対し、異論が相次いだのだった。

「アスリート側は波風を立てないためにも、自身から声をあげにくい立場。力関係を意識してしまい、セクハラ被害者が加害者に直接申しにくいのと同じ構図です。にもかかわらず、こうした背景を無視して『本人が言えばいい』と短絡的な意見を述べたカズレーザーは、あまりにも理解やデリカシー・現実的観点が抜け落ちています。やっていることはほとんどセカンドレイプと同じですよ。後藤選手は河村市長を批判するツイートに〝いいね〟を押していたので、これが精一杯の意思表示・無言の抗議でしょう」(スポーツジャーナリスト)

今年3月には、五輪開会式の演出案問題で、渡辺直美の心境を真逆に代弁して批判を浴びたカズ。一度痛い目を見たにもかかわらず、未だに憶測で語る癖は抜けていないようだ。

【あわせて読みたい】