石橋貴明に“バカ舌”と陰口!? YouTubeで訪れた寿司店のSNSが物議

石橋貴明 

石橋貴明 (C)まいじつ 

『とんねるず』の石橋貴明が8月12日、自身のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を更新。高校の後輩が経営する寿司店を紹介したが、店側が石橋を〝バカ舌〟と揶揄し、ネット上で物議を醸している。

石橋は〝東京アラートラン〟で、お店を訪問した。これは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)でおなじみの〝きたなトラン〟シリーズのYouTube版。コロナ禍の飲食業界を救済すべく立ち上げられた企画で、石橋が飲食店を訪れ、オススメのメニューを実食し、「絶品!」「美味しい」「そこそこ」「最悪」の4段階で評価するという趣旨だ。

「今回のアラートランは、埼玉県・新座市で寿司店を営む帝京高校野球部の後輩が、高校時代に石橋から寄付してもらったバットのお礼がしたいと応募してきたのが始まりでした。寿司にうるさい石橋は、ノーアポで店に突撃。客単価1万3000円という、こだわりの寿司に舌鼓をうちました。しかし、店主自慢の穴子の煮詰めにまさかのダメ出し。最終的な評価は〝1.5〟とかなり厳しめとなってしまいました。動画では和気あいあいとしていましたが、店側は納得がいかなかったようで、その後、SNSで愚痴を吐きまくり、ネット上で大ヒンシュクをかっています」(ネットニュースサイト編集者)

店側は12日に店のインスタグラムを更新。《今まで何百人のお客様にこの赤利尻をお出ししましたが『普通』と言われたのは初めてで『マジか?』と、ちょっとビックリしました》《タカさんからは『薄い』と文句を言われましたが、当店ではとっても人気のまぐろの漬け》《タカさんからは『ツメが薄い』と言われましたが、マッコイさんには絶賛していただきました穴子》などと、反論ともとれるコメントを投稿している。

石橋ファンから総攻撃を受ける展開に…

さらには《先日、某誰でも知ってるYouTuberが営業時間外に予約もなんもなく、撮影しにきちゃった時に、バラエティーだからか、ウチの人気の漬けを『水っぽい』だの『アルコールくさい』だの言って帰って行ったので、本当にそうなのか? ウチのお役様の舌に問題があるのか、YouTuberの舌がバカなのか皆様にジャッジしていただきたい為、人気の漬けマグロを一貫お出しする予定であります》《まぁ、全く納得いかないけど、来てしまったものは仕方ないので、腹は立ちますがネタにしていこうと思います》などと愚痴っている(現在は削除済み)。

ネット上では、

《店側が残念すぎる。忖度無しで毒吐くこともある企画なのに、評価が高くなかったからってSNSでボヤく店には行きたくないな…》
《お店のインスタにドン引き 喜んでるのは子どもだけってタグ、本文の嫌味ったらしさ本当に酷い。そもそも自分から応募してきたんじゃないのか?》
《基本的に貴さんがどんな評価をされても応援したくなるのがこの企画でしたが、流石にあのインスタを読むと応援しようとは思えなくなります》
《店のインスタ見てきました、残念と言わざるを得ない内容でした。高級=1流とは限らないですからね》
《地域に愛されてほしいという貴さんの気持ち、わかってほしいな》

などと非難轟々だ。だが一方で、

《YouTube見てきました。いつもの変わらないスタイルでお願いします。またお邪魔させていただきますね》
《間違いなく全部美味しいです!》
《なんかかわいそう…。いつか必ず食べに行きます》

と寿司店をフォローする声ももちろん多い。

石橋側は13日、『貴ちゃんねるず』の公式ツイッターにて、今回の企画について「撮影当日の進め方に不手際があった」と謝罪。寿司店側も13日にブログを更新し、撮影時の状況などについて説明している。なにはともあれ、気になった人は、こだわりの寿司を自らの舌で味わってみてはいかがだろうか。

【あわせて読みたい】