『TOKYO MER』“政治家はバカ”発言再び!「皮肉かな」「今の日本に言って」

TOKYO MER~走る緊急救命室~  鈴木亮平 

TOKYO MER~走る緊急救命室~  鈴木亮平 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

8月15日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第7話が放送された。この回で、またしても政治家に対する痛烈な批判の言葉が飛び出して話題となっている。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第7話では、原因不明の症状を訴えた外国人労働者の元へTOKYO MERが出動する。集団食中毒事件と思われたが、なぜか現場は多くの警察官によって占拠されていた。事態の真相が見えないまま傷病者を搬送しようとする喜多見だが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう。

実は今回の現場には爆破予告も届いており、テロの可能性があるという。現場を指揮する上層部の官邸は、この対応に大苦戦。また、もしもの時に責任を取りたくないということから、なかなか指示を出さない。この様子に月島はしびれを切らし、「決断できないバカが政治家を名乗るな」と陰口を叩いていた。

第5話では「命令する政治家がバカ」発言が…

政治家を皮肉ったこのシーンに、ネット上では

《今日の一番のセリフは、決断できないバカが政治家を語るなだと思います。今の日本の現状を思うとなんかマッチしててなんかしっくりきた》
《『判断できないバカが政治家』って、今の国家への皮肉か(笑)》
《今の日本に染みるセリフだな》
《決断できないバカが政治家を名乗るな←スミマセン今の日本に言ってください》
《この言葉を今、発するって台詞と言えども凄いことだと思う。重たい言葉だし、全政治家がハッとさせられているといいな》

など、現実と照らし合わせる声が相次いでいる。

「同作では第5話でも、『官僚っていうのはみんな優秀なものなのよ。でもバカなことをしなくちゃいけないものなの。命令する政治家がバカだから』と、政治家をバカ呼ばわりするシーンがありました。2度目のバカ発言とは、この脚本によほど強い思いがありそうですね」(芸能記者)

この分では、3度目の〝バカ〟も飛び出しそうだ。

【あわせて読みたい】