マツコ&有吉の“白米の食べ方”に共感の声殺到!「めちゃくちゃわかる」

有吉弘行、マツコ・デラックス

有吉弘行、マツコ・デラックス(C)まいじつ

ピン芸人の有吉弘行が、8月13日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)2時間SPで「白米を汚したくない」と熱弁した。

視聴者メールを発端に「白米におかずをワンバウンドするのはアリ? ナシ?」が話題になると、ナシ派の有吉は「納豆がけご飯っていうのが嫌。白いご飯に納豆乗せるっていうのが嫌。ご飯を汚すっていうのが嫌なの」などと持論を展開。同じくナシ派のマツコ・デラックスも、「ご飯に何でもかける人いるじゃん? 納豆ご飯って、納豆とご飯は別に食べる」と共感する。

有吉も引き続き、「『アメトーーク!』とかで餃子の王将ワンバンさせてとか… 何やってんの?『この染みたごはんが美味しいんやぁ~!』とか、バカじゃないの!?」「お茶碗に入った白いご飯を死守したい」とワンバンを猛否定。マツコも「白米のままでいてほしい。あそこがベース。いろんな味で汚しちゃだめよ」と語り、意気投合していた。

共感の声が殺到「めちゃくちゃわかる」

するとネット上では、2人の意見に

《有吉すげー個性的な発想でおもしろーい》
《めちゃくちゃわかる》
《茶碗がヌルヌルするの嫌やから乗っけて食わん》
《別に白米汚したくないとか思ったことないけど、納豆ご飯に乗せるの嫌だわ》
《俺以外に白米にシミつけたくない人いて嬉しかった》

などと共感が殺到。人々の心に突き刺さる真理の金言となった。

「米は日本人が古来から尊んできた主食。毎年10月17日に伊勢神宮で行われる神嘗祭では、その年の最初に収穫した稲穂を、天皇陛下が天照大御にお供えし、五穀豊穣に感謝します。11月23日の新嘗祭も、陛下が初穂を神々にお供えし、五穀豊穣に感謝・祈念を捧げ、陛下ご自身も初穂を召し上がる重要な宮中祭祀。日本にとって米はこれだけ大切な食べ物なのですから、これを粗末に汚すなど、日本人であることを疑う下品な食べ方です」(フードアナリスト)

大和魂の観点からすれば、有吉の怒りも最もだ。

【あわせて読みたい】