『TOKYO MER』賀来賢人に“また”恋愛フラグ!「罪な男」「初恋泥棒」

TOKYO MER~走る緊急救命室~  佐藤栞里  賀来賢人 

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』出演の佐藤栞里と賀来賢人 画/彩賀ゆう 

8月15日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第7話が放送された。賀来賢人が2つ目の〝恋愛フラグ〟を立てていることが話題になっている。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第7話では、原因不明の症状を訴えた外国人労働者の元へTOKYO MERが出動する。集団食中毒事件と思われたが、なぜか現場は多くの警察官によって占拠されていた。事態の真相が見えないまま傷病者を搬送しようとする喜多見だが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう。この現場には爆破テロの予告状が届いているうえ、外国人労働者の多くが不法就労者だというのだ。

警察たちは外国人労働者を処置するMERにも否定的で、一切手を貸そうとしないどころか、病院に搬送させるのも禁止する。ミンが「許可してくださいお願いします!」と頭を下げると、警察は「フンッ 君は… 就労ビザを持ってるんだろうな?」と皮肉。すると音羽は警察に詰め寄って「おい、いい加減にしろよ」と静かに激怒。ミンはそんな音羽の腕をつかんで止め、「平気です」とこらえていた。

鈴木亮平と賀来賢人にもフラグが!?

「音羽は前回の第6話でもミンとタッグを組んで、山で遭難した子どもたちの元へ出動。その際、ミンの身の上話を聞くなどして、ミンとの交流を深めていました。そして今回のこともあり、音羽×ミンの展開を期待する視聴者が増えています。しかしその一方で音羽は、喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)とも恋愛フラグが立っているのです」(芸能記者)

乱立する音羽の恋愛フラグに、視聴者からは

《ミンさんと音羽先生ほんと好きなんだよなぁ。喜多見チーフの妹さんとフラグ立ってるけどワイは音羽ミン派なんだよな》
《涼香ちゃん(栞里ちゃん好き勢)でもいいけど、ミンちゃんと音羽先生いい感じにならんかな》
《音羽先生はミンさんとも涼香ともフラグ立てようとするのやめて》
《こりゃ〜わたしがミンさんなら音羽先生のこと大好きになって泣きます》
《喜多見先生、ミンさん、涼香、色んなタイプとフラグをたてまくる音羽先生。ほんと罪な男》
《ミンちゃんのために怒ってくれる音羽先生かっこよ 初恋泥棒じゃん》
《音羽先生は最終的に誰とくっつくんですか? 涼香ちゃん? ミンさん? 喜多見チーフ?》

といった歓声が飛び交っている。

本命が涼香、対抗がミン、大穴が喜多見といったところだろうか…。

【あわせて読みたい】