『霜降り』粗品“大学教授”への失礼発言が物議…「プライド高そう」

霜降り明星  粗品 

霜降り明星・粗品  (C)まいじつ 

お笑いコンビ『霜降り明星』が、8月13日に自身のYouTubeチャンネルを更新。粗品が大学時代に、学部長からかけられたという言葉を不満そうに振り返った。

「粗品は同志社大学附属の中高一貫校に通い、エスカレーター式に同志社大学へ進学。しかし、入学後まもなく受けたオーディションで『吉本興業』に入所し、1年の休学を挟んで後に中退しています」(お笑い評論家)

この動画は、視聴者から募集した質問へ回答していく企画を収録。「前のラジオで粗品さんがいつか大学に入学し、卒業するのが夢と語っていましたが、その野望はまだありますか?」との質問が。粗品は「相談しに行ってね、当時の学部長に。文学部国文学科の、なんか長のお年寄りの先生に話に行って」と振り返る。

当時すでに「吉本」に所属していた粗品は、テストと仕事が被った際、追試などの救済措置があるのかを教授に相談。わざわざ学部長の元を訪れて「芸人になる」と打ち明けたが、教授からは「何? 君」「売れるわけないやん」「何て名前でやってんの?」などと厳しい言葉が向けられたという。

『霜降り明星』粗品と同志社大学学部長どっちもどっち…

粗品はこれについて、「めっちゃ恥かかされて、そん時に辞めたんかな。それで辞めるってなったんです。それで腹立ってんねん」と、この学部長の言葉で中退を選んだと告白。相方・せいやが、「ちょっとケンカ別れみたいになってんねや」と述べると、「ケンカ別れしてます! 学部長あいつホンマ。『売れるわけない』って言いよった。ハッキリ」と恨み節を展開した。

このエピソードに対しネット上では、教授の嫌味さと粗品の失礼な対応、双方を責める声が噴出。

《めっちゃプライド高そうだよね、粗品》
《教授は失礼だけど、恥をかかされたって表現はなんか違う》
《卒業してからでよかったんちゃうん? そら芸人すすめる大人なんておらんやろ》
《そこで怒るようではね。笑わせて納得させればいいのに、そんな腕もなかったんだろ》
《学生が相談してきたら、しっかり乗るのが教授の仕事》
《その教授の発言をバネに頑張って今の自分があるぐらいのことが言えないのか》
《見返したんだから凄いじゃん 売れたからあんたの勝ちだよ》
《同志社にいてお笑いやりたいって言われたら、大抵は止めると思う》

など、人々は「どっちもどっち」と受け止めているようだ

いつかYouTubeで再会企画を行い、再生数を稼ぐ布石かもしれない。

【あわせて読みたい】