『TOKYO MER』は反日ドラマ!? 日本サゲ連発に違和感「印象操作やろ」

TOKYO MER~走る緊急救命室~  鈴木亮平 

TOKYO MER~走る緊急救命室~  鈴木亮平 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

8月15日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第7話が放送された。内容が〝反日〟だと物議を醸している。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第7話では、原因不明の症状を訴えた外国人労働者の元へTOKYO MERが出動する。集団食中毒事件と思われたが、なぜか現場は多くの警察官によって占拠されていた。事態の真相が見えないまま傷病者を搬送しようとする喜多見だが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう。この現場には爆破テロの予告状が届いているうえ、外国人労働者の多くが不法就労者だというのだ。

不法就労者と知ったうえでも手を差し伸べるMERメンバーと対照的に、冷酷な仕打ちを続ける警察・公安。外国人労働者を病院へ搬送させることを禁止したうえ、毒ガスを吸って弱っている外国人労働者を連行し、恫喝しているシーンもあった。

さらに、会社の日本人社長も外国人労働者をゴミのように扱い、毒ガスが漏れている地下に閉じ込められている外国人労働者の存在を隠して見殺しにしようとする。月島も地下への捜索に非協力的で、「私が守るのは日本国民だけだ」と発言。徹底的に外国人労働者に冷たくしていた。

また、今回の事件が解決した後には、日本政府がこのテロ事件を揉み消していることも明らかに。「これが日本の安心安全の真実ってやつですか」などと皮肉が放たれていた。

ニッポンサゲからニッポンバンザイに!?

日本ディスが詰まった今回の話に、ネット上では

《いや本当にこれ印象操作やろ。日本を悪く描きすぎ》
《もう、視聴者の深層心理を操作しようとか、子どもへの刷り込みをしようとか、そういうレベルに入ったわけだな》
《日本の警察、働かせてる日本人経営者が悪者になってて真面目に不快回だった》
《うん、今日の回はプロパガンダでしたね》
《分かりやすい日本sage》
《日本の警察、政治家は糞と言いたいドラマ?》

といった怒りの声があがっている。

「『TOKYO MER』の次クールにTBSで放送されるドラマは『日本沈没ー希望のひとー』。ネット上で物議が起こりそうな題材ですね。しかし、おそらく『TOKYO MER』にしても『日本沈没』にしても、最後には『ニッポン素晴らしい!』のお涙頂戴展開になることは必至でしょう」(芸能記者)

日本国民全員が満足できるドラマになりそうでなによりだ。

【あわせて読みたい】