松本人志も苦言! 張本勲の“謝罪”に再び批判殺到「本当にひどい態度」

松本人志 

松本人志 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

女子ボクサーに対して「女性でも殴り合い好きな人がいるんだね」という衝撃的な発言を繰り出し、大炎上した野球評論家の張本勲氏。8月15日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で自身の行動を悔い改めたのだが、世間は彼の謝罪を受け入れないようだ。

この日の番組では、スポーツのコーナーに入る前のタイミングで一連の騒動について謝罪の場が設けられることに。司会の関口宏が「番組からお詫びをしなければなりません。唐橋さんよろしく」とキャスターの唐橋ユミに話を振り、彼女の口から謝罪文が読み上げられていく。

謝罪文の内容は「先週のスポーツコーナーで張本勲さんのコメントの中に女性及び、ボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分があり、日本ボクシング連盟より抗議文が寄せられました。不快に思われた関係者の皆様、そして視聴者の皆様。大変申し訳ありませんでした」というもの。

関口も一連の騒動に負い目を感じているようで、「私も会話の途中でも間違いを正せばよかったかと」「張さん、どういうふうに受け取っていますか」とコメント。すると張本氏は「今回は言い方を間違えて反省してます。以後気をつけます」といった調子で謝罪してみせるのだった。

張本勲氏はキチンと謝罪できない?

謝罪の姿勢を見せた張本氏だが、ネット上では、

《これ謝罪?》
《冒頭で唐橋さんに謝罪文を読ませるんじゃなくて、まずは本人からキチンと謝罪させるべきじゃないの?》
《唐橋さんが謝罪文読まされるとかどんな番組だよ》
《ここを人にやらせるとか恥ずかしくないのか、逆に凄いわ》
《本当にひどい態度だと思う。金メダリストに対する敬意が微塵もない。それを擁護する番組の姿勢がまたひどい》
《謝罪の言葉は全て本人から言わないと意味がない》
《張本氏を嫌いになったのはサンデーモーニングを見たのが原因。とにかくリスペクトを持ち合わせていない》
《全く謝罪になって無くて笑った。本人曰く「言い方が悪かった」》

などとバッシングが噴出。相変わらず厳しい声ばかりが目立っている。

12日に日本ボクシング連盟がTBSに抗議文を送付し、番組側は謝罪。その中で張本氏は《入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています》と謝罪の言葉を添えていた。

この姿勢に『ダウンタウン』の松本人志は、15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「今回の言い訳というか、これはスゴいなぁと…発明だなと思った。これが許されるのなら何を言ってもいいですよね」と皮肉交じりにコメントしていた。

時代錯誤の報道を続け、打ち切り説も囁かれている『サンモニ』。張本氏の態度をみると、番組構成を変える気はさらさらないのだろう。

【あわせて読みたい】