河村たかし“声優へのセクハラ”発覚でファン激怒「汚されて腹立つ」

(C)Anton_dios / Shutterstock 

〝金メダルかじり問題〟でお馴染みの河村たかし名古屋市長が過去のセクハラ問題を掘り起こされ、物議を醸している。

話題になっているのは、8月16日配信の『NEWSポストセブン』が報じた、河村市長の〝ご乱行〟だ。記事によると、河村市長は2014年7月26日に中部国際空港で開催された『世界コスプレサミット』に出席した際、壇上にいた人気声優・伊藤美来の肩に突然手を回し、抱きついたという。

当時イベントに参加していたファンは、同誌に《当時は未成年で実績乏しい新人声優にすぎなかった。みっくは河村市長に抱きつかれて驚いた顔を見せましたが、抵抗もせず苦笑いを浮かべるだけでした。ファンとしては許し難いことです》と語っている。

地に墜ちていく河村たかし市長

この問題は瞬く間にSNSに拡散され、ネット上では

《昔のことだろうと許さない。好きな声優さん汚されて腹立つわ》
《まさか17歳当時のみっくにセクハラしてたとは… これは辞職問題でしょ》
《若い女性なら文句は言えないだろうと思ってやってるとしか。気持ち悪すぎ》
《セクハラと言うか犯罪でしょ。それが当たり前で女性側が喜ぶとでも思っているのか? 頭の中で今の時代の常識がアップデートされないままで考え方が昭和初期》
《これだけ何度もトラブルを起こすって政治家としては終わっていると思う》
《未成年声優に抱きついたのも、周りを盛り上げる為ですか? 話にならないな》
《みっくのファンとしてすごくショック。性格的に強く言えるようなタイプではないし、その当時はまだ未成年だったので断りずらかったと思う》

などと非難の声が殺到している。

「伊藤は、人気アニメ『五等分の花嫁』やゲーム『アイドルマスター』などの声優を務めており、〝みっく〟の愛称で親しまれています。当時、そこまでこのセクハラ問題は大事にはなっていませんでしたが、市長である以上は看過できない問題でしょう。また、河村市長は、2013年1月に開催された『SKE48』の舞台でも恋愛禁止とされるメンバーに『彼氏はいますか?』と尋ねたり肩を組んでいたことでも周囲がドン引きしていました。もちろん、河村市長自身にも非難が集中していますが、マスコミや世間がしかるべき対処をしなかったことも問題でしょう。河村市長は金メダル噛みつきに対する謝罪会見でも、全く反省の態度をみせていませんからね」(芸能記者)

次々と非常識な言動が暴露されていく河村市長。ここまでくると辞職も時間の問題となりそうだ…。

【あわせて読みたい】