『有吉ゼミ』みやぞん“別荘探し”はヤラセ?「引っ張りすぎてて飽きる」

みやぞん

みやぞん (C)まいじつ

お笑いコンビ『ANZEN漫才』のみやぞんが、8月16日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。人気コーナー『坂上不動産』で軽井沢の別荘を探したが、視聴者から冷めた声があがっている。

同コーナーはみやぞんが75歳になる母親のために、家族みんなで過ごせるような別荘を探す企画。今回は人気の別荘地・軽井沢を訪れ、1795坪の屋外露天風呂付リゾート物件や、大自然を堪能できるスイス風こだわりログハウスを内覧した。

「『別荘と言えば軽井沢。1ランク上』と大はしゃぎのみやぞんは、大自然が満喫できるという最高値物件とオススメ物件の2件の別荘を訪れました。土地面積約1795坪、6LDK+ガレージの物件は、敷地内にジャグジーまで設置されていて、かなりの豪華仕様でした。しかし、お値段は最高値物件というだけあって、驚きの3億円。みやぞんは『買えま~せん』とあっさり断念しました。また、2件目の東屋も完備しているというスイス風ログハウスは5000万円でしたが、『購入後、リフォームしないといけない』という理由でこちらも『買いません』とにべもありませんでした。そもそも最初から購入する気などなかったとしか思えませんでしたね」(テレビ誌ライター)

みやぞんの“物件探し”に冷めた声

結果的に今回も購入に至らなかったみやぞんだが、そもそも最初からあまり乗り気ではなく、さらには当初の予算4000万円を遙かにオーバーしている物件を紹介していることから、視聴者からは

《予算4000万円なのになんで3億円なんだよ! これじゃ単なる物件紹介だろ》
《もうこのコーナーやめてくれよ。最初から買う気なんかゼロだし、売れ残り物件を紹介してるだけじゃん》
《この手の企画で本当に紹介物件を買った芸能人っているの? マジでつまらないんだけど》
《これ最初から買う気ないよね。さすがに引っ張りすぎてて飽きる》

などと、ツッコミが殺到している。

この企画は表面上みやぞんが別荘を探している体だが、実際は単なる不動産紹介なのは誰もが知っているところ。過去には芸能人に賃貸物件を紹介する同じような企画があったが、実際にその部屋を契約したケースはゼロだ。

もしこの企画に本気で怒っているのならば、テレビの視聴をやめたほうがいいだろう。

【あわせて読みたい】