『ナイト・ドクター』“ホームレス拒否”シーンが波紋「よく放送したなぁ」

ナイト・ドクター  波瑠 

ナイト・ドクター  波瑠 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月16日、波瑠主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第7話が放送された。タイムリーな話題がドラマ内で取り上げられ、ネット上で議論が起こっている。

同作の主人公・朝倉美月(波瑠)は、働き方改革を目指す「あさひ海浜病院」に設立された、夜間勤務専門の救命医チーム〝ナイト・ドクター〟を志願した責任感ある医者。研修医あがりの医者・深澤新(岸優太)や桜庭瞬(北村匠海)、かつての同僚・成瀬暁人(田中圭)、頭の回転が早く医師としても優秀な高岡幸保(岡崎紗絵)とともに奮闘していく〝青春群像医療ドラマ〟だ。

第7話では、病院をたらい回しにされた患者が運び込まれてくる。美月は患者の顔を見て、たらい回しにされていた理由を悟る。その患者は、かつて美月が救助したホームレス(神尾佑)だった。

夜勤明け、日勤の医者たちはホームレスを受け入れたことについて非難。「正直、臭いとか嫌がられて苦情出たりするんですよ。身元不明じゃ手続きとか手間もかかりますし」「患者は他にも大勢いるんだ」などと美月を罵る。

ホームレスが目を覚ましたら退院させろと言われた美月だが、構わずホームレスの治療をしようとする。日勤の医者が「医療費すらまともに払えない相手に、これ以上われわれの労力を割く必要ありません」とホームレスの治療について苦言を呈したものの、美月は続行することにするのだった。

某炎上系メンタリストよりも酷い?

ホームレスの扱いを巡っては、某メンタリストが過激発言をして世間で話題になっている最中。そんな中、ドラマでも同じような議論が繰り広げられたことに

《今日のナイトドクター、ホームレスの患者の件、こんだけ問題になってる中でよく放送したなぁと思う。ドラマ内じゃホームレスを疎んだ人間の方が圧倒的多数だったのになぁ》
《ホームレスでも生きる権利はある。 聞いているか》
《救急でホームレス受け入れた夜間勤務医を罵倒する日勤の医者…メンタリストよりひどくね?》
《ナイトドクターでホームレスなんで受け入れたって話やってるけどタイミング大丈夫かこれ》
《ホームレスの医療費回収問題を感情論とかスッキリしねーな》

といった声があがっている。

議論が白熱してなによりだ。

【あわせて読みたい】