めるるの“お風呂シーン”がまさかの…『帰れマンデー』に悲痛な叫び

生見愛瑠 

生見愛瑠 (C)まいじつ

8月16日放送の『帰れマンデー見っけ隊』(テレビ朝日系)が、夏休み中の男子をはじめ、全日本男児を絶望の淵に叩き落とした。

この日放送された企画は、『すし歩き』こと『海なし県でお寿司屋さん探し』。『タカアンドトシ』が俳優の高橋克典、モデルの〝めるる〟こと生見愛瑠、『阿佐ヶ谷姉妹』とともに、長野県の寿司屋を探し歩いた。ゴールは県内屈指の観光地・渋温泉で、冒頭にはラストで旅の疲れを癒やす入浴も予定されていることが告知される。しかし、炎天下を徒歩での長距離移動とあり、スタッフ・出演者は疲労困憊となるのだった。

その後ついに念願のゴールを果たすと、一行は待ちに待った温泉を堪能することに。「タカトシ」と高橋、そして「阿佐ヶ谷姉妹」が入湯し、「阿佐ヶ谷姉妹」が視聴者にサービスするシーンも挟まれる。

しかし、湧き立つ温泉に絶頂の表情を浮かべる一行に反し、視聴者の燃えたぎった心はみるみる温度が下がってしまう。というのも、誰もがその〝入浴シーン〟を期待しためるるのみ、ゴール後の入浴に参加しなかったのだ。

まさかの結末に全男子が悲痛…原因は“事務所NG”か

ゴールに温泉があると聞いてめるるの入浴を期待し、オープニングから長時間我慢した視聴者は、この肩透かしに一気に意気消沈。ネット上には、

《めるるの入浴シーンあると思って見てたのに…》
《マドンナの入浴シーンをエンドにすれば数字が上がるのに》
《めるるの温泉入浴シーン期待して、番組を最後まで観たのにめるるNGだった…ぴえん》
《めるるの入浴シーンないんかい!》
《めるるの入浴シーン見れると思って、CM挟みまくってもずっと見てたのに、最後は阿佐ヶ谷姉妹の入浴シーンしかなくて萎えた》

など、悲痛な声が続々とあがっていった。大人たちに騙され、夏休み中の男子たちも心に深い傷を負ったことだろう。

「昨今のバラエティーで大活躍するモデルの中でも、めるるは頭一つ抜けた美少女。藤田ニコルやみちょぱも充分に容姿端麗ですが、めるるはそのさらに上を行っています。かなりのスレンダー体型なのでセクシーさには欠けますが、これだけのルックスなら『入浴シーンを見たかった』という〝お悔やみ〟があがるのも無理はありません。しかし残念ながら、本人は今年6月の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、『水着がダメなんです』『やったことないです。まだ19歳なので』と発言。その後、『社長に聞いてみたら分かると思う』と語っていたので、どうやら事務所がお色気仕事をNGにしているようですね…無念」(週刊誌記者)

人気商売の芸能人は需要のある内が華。めるるにも一刻も早い〝解禁〟が求められる。

【あわせて読みたい】