宮迫博之“炎上商法”成功! 謝罪動画の再生数爆上がり「低評価にしました」

宮迫博之 

宮迫博之 (C)まいじつ 

『雨上がり決死隊』解散から一夜明けた8月18日深夜、宮迫博之が自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』を更新。元相方の蛍原徹や関係者らに謝罪した。

宮迫は深夜2時59分に突然、《皆様、昨夜は大変申し訳ありませんでした。遅くなってしまいましたが、動画を公開させていただきます》とツイートし、YouTubeに動画を投稿したと報告。動画では「どうも宮迫です。こんな時間の配信になってしまってすいません。本来、もっと早くにやるべきことでしたし、やらないとと言っていたのに、こんな時間になってしまいまして、やっぱり早く伝えておくべきことだと思ったので、自宅で撮らせてもらってます」とコメント。

続けて、「2年前に謹慎して、僕が出ている部分をカットせざるを得なくなって、そこで笑いをとっている後輩芸人のみんなのところもカットしないといけなくなって、本当にスタッフのみなさん大変だったと思います。なのに2年ぶりにあったみんながすごい優しくて、温かくて、でも、また泣かしてしまいました。本当にすいません」と謝罪した。

また、元相方の蛍原に対しては「最後に大好きな『雨上がり決死隊』を解散するという一番つらい決断を蛍原さんにさせてしまいました。ホンマにごめん」「32年間、ずっと僕のために、いっぱい問題起こす僕のために、ずっと頭を下げてくれてました。謝っても謝っても謝り切れないですけど、ホンマにごめん」と頭を下げた。

宮迫博之の“一貫した狡猾さ”に釣られるネット民

解散報告後、宮迫が間髪入れずにYouTubeを更新したことに、ネット上では

《自分を応援してくれてる人しか観ないYouTubeに、謝罪と感謝の言葉を言う意味がどこにあるの? 話題になっている内に動画を投稿して再生数を稼ごうとしてるね》
《なぜそのコメントを本人の前で言わなかったんだろう。いろいろ計算してそうでイラつくな》
《闇営業問題から終始一貫してるのは、人に責任をなすりつけて言い訳してる事と金。この動画も話題になってる内に投稿して、一儲けを画策したんでしょうな》
《悲しんでるファンもいっぱいいるんだから、少しは反省して静かにしてればいいのに。謝るなら昨日のうちじゃないの?》
《低評価にしました! 涙込みで本音かもしれないが、そう見えない色眼鏡で見てしまう》

などと、非難の声が殺到している。

宮迫の思惑が見事ハマったのか、動画は2日も経たずに214万回以上も再生されている。残念ながら半数以上は低評価がつけられているが、内心はホクホク顔といったところだろう。20日夜、自身のツイッターにて、YouTube動画の配信を当面休止すると発表したが、今後の宮迫の活動やいかに…。

【あわせて読みたい】