北朝鮮のミサイルが飛んできても吉田沙保里がいれば大丈夫!?

(C)まいじつ

8月29日午前5時58分に北朝鮮の発射したミサイルが北海道の襟裳岬を通過した。朝の各テレビ局のニュースを見た視聴者が身の危険におびえるツイートをツイッターに次々と寄せた一方で、“霊長類最強女子”の異名を持つ女子レスリングの吉田沙保里選手を引き合いに出し、冷静になるよう呼びかける“ツイッタラー”が続々と現れた。

ミサイルが発射されたと伝える報道を見て、《怖い》と動揺するツイッターユーザーが多くいた。しかし、《ミサイルが飛んできても吉田沙保里が受け止めてくれると信じてる》、《ミサイルを3つに分離させた吉田沙保里、恐るべし》などと日本領土に“着弾”しなかったことに安堵するユーザーも多くいた。

さらに吉田がかつて所属したALSOK(綜合警備保障)のCMを例えに出し、《吉田沙保里は目から「ビーム」も出せるから北朝鮮に負けてない》と投稿するツイッターユーザーもいた。また、北朝鮮は核を保有しているが《日本も条約違反で吉田沙保里を保有してるからお互い様っしょ》と、吉田の規格外の身体能力をネタにする声も多かった。

 

イメージ転換を図る吉田

当の吉田本人は現在、選手活動を一時休止中。今月下旬に開催されたレスリング世界選手権ではテレビ解説を務めた。会場のあるフランスのパリへの出発時(同月21日)にはパスポートを手に、次のようにツイートしている。

また、大会の合間にパリ観光を満喫したようで、エッフェル塔や凱旋門でジャンプした瞬間を写真に収め、自身の公式ツイッターやインスタグラムにアップしている。

パリの思い出❤️ #凱旋門

吉田沙保里さん(@saori___yoshida)がシェアした投稿 –

パリの思い出❤️ #paris

吉田沙保里さん(@saori___yoshida)がシェアした投稿 –

いずれの投稿も“いいね!”が1万件を超えるなど好評だ。コメント欄には《跳躍力がハンパないですね》と一流アスリートである吉田の身体能力を絶賛する声や《次は彼氏とのツーショットが見たいです》と恋人の出現を祈願する声など、好意的なコメントが寄せられた。

吉田本人はアスリートから一人の独身女性へのイメージ転換を図っているが、世間は選手としての姿が忘れられないようだ。

 

【あわせて読みたい】

石原さとみが24時間テレビで「神対応」連発と大好評

24時間TVでマラソン完走のブルゾンちえみが見せた「芸人魂」

※ マツケンサンバの振付師・真島茂樹が「松平健との交際」告白

※ 見ていられない!?「警視庁いきもの係」の視聴を諦める人が続出

※ 水谷豊が「新相棒役」に驚きの候補を検討中