北村匠海が月9『ナイト・ドクター』降板? 今週の芸能ニュースTOP10

ナイト・ドクター  北村匠海 

ナイト・ドクター  北村匠海 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(8/19配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 『ナイト・ドクター』北村拓海ついに降板? シフトからも消え…「泣いてる」 234pt.

『ナイト・ドクター』北村匠海ついに降板? シフトからも消え…「泣いてる」

2位 松本人志も苦言! 張本勲の“謝罪”に再び批判殺到「本当にひどい態度」 130pt.

松本人志も苦言! 張本勲の“謝罪”に再び批判殺到「本当にひどい態度」

3位 DAIGO“違い”で元テレ朝記者が大炎上…「謝るのが先」「無責任すぎ」 123pt.

DAIGO“違い”で元テレ朝記者が大炎上…「謝るのが先」「無責任すぎ」

4位 反論殺到! カズレーザーが“デリカシーゼロ”発言「残酷でしょう」「気づけよ」 104pt.

反論殺到! カズレーザーが“デリカシーゼロ”発言「残酷でしょう」「気づけよ」

5位 ヒロミ『VS魂』を痛烈批判?“ダメ出し”に賛同続出「その通り」「考え直して」 85pt.

ヒロミ『VS魂』を痛烈批判?“ダメ出し”に賛同続出「その通り」「考え直して」

5位 『鉄腕DASH』キンプリ・岸に視聴者“ドン引き”「ただの失礼な若者」 85pt.

『鉄腕DASH』キンプリ・岸に視聴者“ドン引き”「ただの失礼な若者」

7位 『さんま御殿』鈴木ちなみの“激変”に視聴者ざわざわ…「ちょっと心配」 74pt.

『さんま御殿』鈴木ちなみの“激変”に視聴者ざわざわ…「ちょっと心配」

8位 西野七瀬の“俳優としての展望”に呆れ「さすがに厳しい」「ある意味スゴい」 65pt.

西野七瀬の“俳優としての展望”に呆れ「さすがに厳しい」「ある意味スゴい」

9位 『CDTV』人気ロック歌手に“口パク”疑惑「残念」「プライドないの」 55pt.

『CDTV』人気ロック歌手に“口パク”疑惑「残念」「プライドないの」

10位 向井理の“妻呼び”に女性ファン感動「超好感」「好きが増す」 47pt.

向井理の“妻呼び”に女性ファン感動「超好感」「好きが増す」

張本勲の“謝罪”に再び批判殺到「全く謝罪になって無い」

今週もっとも注目を集めたのは、8月9日放送の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)第6話の話題でした。

第6話では、朝倉(波瑠)、成瀬(田中圭)、深澤(岸優太)の3人が工場の事故現場へ。しかしこの現場では、過労で立ちくらみを起こした朝倉が高所から落下。結果、出動したはずの朝倉が、救急車で搬送されて戻ってくることになってしまいました。

この惨劇を見た桜庭(北村匠海)は、深澤に向かって「おい深澤! 何があったんだよ!」と怒鳴ったのですが、その後、桜庭の目立った登場シーンはなし。これによって、第4話から3週連続、主要人物であるはずの桜庭がほとんど出演しないという奇妙な構成となってしまったのです。

「桜庭がまったく登場しないのは、演じている北村が多忙でドラマ撮影の時間をとれていないから…と言われていますね。ついに今回の第6話では、桜庭は〝ビジネススクール〟と仕事を両立しているため、シフトにあまり入れないという設定に変更されていました」(芸能記者)

月9のメインキャストすら優先順位が低く設定されるほど、北村はとびぬけた売れっ子になっているようですね。

続いては、野球評論家の張本勲氏の話題です。

張本氏といえば、女子ボクサーに対して「女性でも殴り合い好きな人がいるんだね」との発言を繰り出して大炎上。8月15日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で自身の行動を悔い改めましたが、世間は彼の謝罪を受け入れないようです。

この日の放送では、スポーツコーナーに入る前、一連の騒動について謝罪。キャスターの唐橋ユミが「先週のスポーツコーナーで張本勲さんのコメントの中に女性及び、ボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分があり、日本ボクシング連盟より抗議文が寄せられました。不快に思われた関係者の皆様、そして視聴者の皆様。大変申し訳ありませんでした」とコメントしました。

司会の関口宏も一連の騒動に負い目を感じているようで、「私も会話の途中でも間違いを正せばよかったかと」「張さん、どういうふうに受け取っていますか」と反省。すると張本氏は「今回は言い方を間違えて反省してます。以後気をつけます」と謝罪しました。

しかし張本氏に、ネット上からは

《これ謝罪?》
《冒頭で唐橋さんに謝罪文を読ませるんじゃなくて、まずは本人からキチンと謝罪させるべきじゃないの?》
《ここを人にやらせるとか恥ずかしくないのか、逆に凄いわ》
《全く謝罪になって無くて笑った。本人曰く「言い方が悪かった」》

などとバッシングが噴出しました。

そもそも謝罪にいたった経緯は、12日に日本ボクシング連盟がTBSに抗議文を送付したから。番組側はプロデュサー名義で謝罪し、その中では張本氏も《入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています》と謝罪の言葉を添えていました。

この姿勢に『ダウンタウン』の松本人志は、15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「今回の言い訳というか、これはスゴいなぁと…発明だなと思った。これが許されるのなら何を言ってもいいですよね」と皮肉交じりにコメントしています。

時代錯誤の報道を続け、打ち切り説も囁かれている『サンモニ』。張本氏の態度をみると、番組構成を変える気はないのかもしれませんね!

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】