芸能界から消えた高畑裕太が舞台で復帰を画策

(C)まいじつ

女優の高畑淳子の長男である高畑裕太が、強姦致傷容疑(不起訴)で逮捕されてから1年経過した。被害者女性との示談が成立したため不起訴処分となり釈放されたが、芸能界での仕事は失ったままになっている。だが、舞台で復帰の兆しがありそうだと噂されているという。

「母親の高畑淳子が報道陣の前で口を開き、息子を巡る報道に文句を付けてからというもの、裕太の話題はマスコミでは“タブー扱い”になっています。淳子は相変わらず親バカぶりを発揮しており、いよいよ愛する息子の再起に向けて動き出しそうな気配だといいます」(芸能記者)

高畑裕太は、昨年8月23日に、宿泊していた群馬県前橋市のビジネスホテルで女性従業員に乱暴したとして、強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕された。その3日後には母親の高畑淳子が謝罪会見したが、9月9日までに示談が成立し、前橋地検は裕太を不起訴になっている。

「裕太は、母の淳子に根回しをしてもらって、舞台関係者と食事している姿が目撃されています。裕太は事件後に所属芸能事務所を解雇されて、インドへ旅行を繰り返していると聞いていますが、やはり母親同様“役者としての血が騒ぐ”のか、俳優への道は捨てきれないようです」(芸能関係者)

 

「インドで心の洗濯をしてきた」

高畑淳子は7月に主演舞台『土佐堀川』のポスター撮影を公開し、報道陣の取材に応じた際に、息子に対する報道への不満を述べた。「たくさんの方にご迷惑をかけたことを申し訳なく思っています」としつつも、すぐさま「事実でない報道をご修正にならないことに疑問を感じたり致しております」と反論している。

俳優の坂上忍は裕太について手厳しい。「もう1回、たたかれる覚悟がないと」と、MCを務める『バイキング』(フジテレビ系)でコメントしている。

坂上は「映画が頓挫しかけて、1年掛かりで撮り直しをし、何とか公開に向けて頑張っている現場もあるわけで、まだ終わったわけではないんですよね、現実問題としては」と、騒動の余波は続いていると指摘。そして、裕太の今後については「何をしちゃったにしても、更生の道は閉ざされてはいけない」としつつも、俳優としての復帰には「演者でってなると、どうなってくるんですかね」と、厳しいとの見方を示した。

「母親と一緒によく舞台を観覧しにくるという話です。裕太は芸能界復帰を虎視眈々と狙っているのは間違いありません。裕太は周囲に『インドで心の洗濯をしてきた』と吹聴しているそうですが、どれくらい反省しているのかは疑問です」(同・関係者)

復帰は近そうだが、前途は多難なようだ。

 

【あわせて読みたい】

エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去

「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑

石原さとみが24時間テレビで「神対応」連発と大好評

24時間TVでマラソン完走のブルゾンちえみが見せた「芸人魂」