『モーニングショー』長嶋一茂“ワクチン非接種”を称賛?「開いた口が塞がらない」

長嶋一茂 

長嶋一茂 (C)まいじつ 

タレントの長嶋一茂が8月20日放送の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に生出演。俳優・千葉真一さんが新型コロナウイルスによる肺炎のため、82歳で亡くなったことについて言及したが、ネット上では厳しい声があがっている。

この日の番組では、感染症学が専門の日本医科大特任教授・北村義浩氏が、千葉さんが自らの意思でワクチン接種していなかったことについて触れ「ワクチンは受ける機会があれば、みなさん、ぜひ受けていただきたい」と訴えた。そんな中、一茂は「北村先生の立場上、ワクチンを打った方がというお話ですけど、千葉さんがワクチンを打たなかったのは、千葉さんの生き方だったり、生き様だったり、そういうところでの判断、決断だったと思う」と持論を展開する。

続けて「もちろん、ワクチン打ってればっていう前提は悔やまれる部分たくさんありますけど、変な言い方をすれば打たなかった千葉さんも『カッコ良かったな』って思います。ただ残念であることは間違いないですね」とコメントした。

長嶋一茂の「カッコよかった」発言に批判殺到

もちろん、ワクチンを打つ打たないは個人の自由だが、〝カッコ良かった〟などと礼賛したことに、ネット上では

《ワクチン接種は任意ですが、生き様、カッコ良かったっていうのは、ちょっと違うんじゃないかな。正直、全然カッコ良くないんだけど》
《こんな発言する人がいる番組に重症化が問題! 病床がひっ迫! なんて騒がれたらたまったもんじゃないよね》
《これを美学にするのは危険なメッセージだと思います。番組に出ていた先生が困ったような顔で「ワクチンはできれば打った方がいい」と主張していましたよね》
《打つ打たないに生き様はまったく関係ないのでは? 相変わらず一茂のコメントは薄っぺらいな》
《一茂の発言に開いた口が塞がらない。そもそも彼はなんでしたり顔でコメンテーター席に座ってるの?》

などと、非難の声が殺到している。

千葉さんの娘で俳優の真瀬樹里は20日、自身のツイッターを更新。父親の死について《少し前に、電話で父の元気な声を聞いたばかりでした。私にとっても突然のことで、まだ現実感がありません。ただただ悔しいです…》と正直な胸の内を明かしている。

類なきアクションスターとして一時代を築きあげた千葉さん。ご冥福をお祈りします。

【あわせて読みたい】