『モーニングショー』女子アナに高圧的!長嶋一茂に非難の嵐「三流でしかないのに」

長嶋一茂

長嶋一茂 (C)まいじつ 

タレント・長嶋一茂が、8月20日放送の情報番組『モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演。女子アナに〝高圧的な態度〟をとったとして、ネット上では非難の嵐が吹き荒れている。

この日の番組では、東京五輪陸上男子110メートル障害で金メダルを獲得したジャマイカのハンスル・パーチメント選手を救ったスタッフを紹介した。パーチメント選手は4日、宿泊していた選手村からのバスを乗り間違え、別の会場についてしまった。バスに乗り直し、国立競技場に向かうのでは間に合わないと困っていたところ、とある女性にタクシー代を貰ったという。その後、パーチメント選手は女性の元に戻って感謝の気持ちを伝え、借りたお金を返したようだ。

これに、長嶋は「いい話ですね」と称賛し、「彼女とパーチメント選手が出会わなかったら金はとってなかったと思う」とコメント。続けて、「でも、他のボランティアも同じようなことを、僕は日本人だったらしてたのではないかと思っている」と持論を展開した。

それに対し、同局の山本雪乃アナは「まさに私、オリンピックの取材に行っているんですけど、びっくりするぐらいのおもてなしで…」などと体験談を語った。すると長嶋は、「今、山本、俺がしゃべっていたんで入ってきて欲しくない」と怒りをあらわにするのだった。

長嶋一茂の“高圧的な態度”にバッシング

怒りを買った山本アナはしきりに謝罪したが、長嶋は「ごめん、もうしゃべることないわ」とバッサリ切り捨てた。これに対し、視聴者からは

《さも自分が偉いって勘違いしてる人の典型。野球でもコメンテーターでも三流でしか無いのに》
《とにかく話が長く、そして高圧的。まだまだ親父の威光が有るから、仕事は回って来るんだろうね》
《コメントも面白く無いし、話の引き出しもない。勘違いしたまま成長したおぼっちゃま》
《山本アナがかわいそう。ズレた感じがウケてるとでも思ってるのか? 意見はあっていいと思うけど、分をわきまえてほしい》
《子どもの頃から御坊っちゃまで、何処に行っても下には置かない対応だったろうし…年齢が上がると、だんだん抑制がきかなくなるし、暴君一直線って感じ》

などと非難の声が殺到している。

「長嶋は22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、MCの『ダウンタウン』松本人志から〝話の長さ〟を指摘された際、笑顔で対応していました。しかし、お笑いコンビ『シソンヌ』の長谷川忍が同様のツッコミをした際は不機嫌そうな表情を浮かべるなど、正反対の態度をとっています。今回の件と合わせ、ここまで言動に格差が生まれるのでは山本アナも長谷川もたまったものではありません。こうした態度を改善しない限りは、彼がコメンテーターとして評価されるのは難しいでしょう」(芸能記者)

果たして長嶋の〝上から目線〟はいつまで通用するのだろうか…。

【あわせて読みたい】