『24時間テレビ』“ギネス企画”でズル!?「見逃していいの?」苦言殺到

菅野美穂

菅野美穂 (C)まいじつ 

8月21日と22日に放送された『24時間テレビ 44「想い~世界は、きっと変わる。」』(日本テレビ系)で、出演者がギネス記録更新に挑む企画が行われた。

最初に行われたのは、20メートルを尻のみで進んでタイムを測る「20メートルお尻走」。メインパーソナリティー『King & Prince』の神宮寺勇太、チャリティーパーソナリティーとして12年ぶりの番組出演となる菅野美穂、お笑いコンビ『トム・ブラウン』の布川ひろき、霊長類最強女子・吉田沙保里、ラグビーW杯日本代表の田中史朗が記録更新に挑んでいった。

アスリートも参加してのチャレンジだったが、意外にも一着となったのは菅野。そのタイムは20.69秒と、ギネス記録の20.41秒にコンマ28秒という超好タイムだ。この結果に出演者はどよめき、会場・両国国技館も異様な雰囲気に。菅野は自身の頭を叩きながら、「私、ギネス取れたの? もう少しで?」とお茶目に悔やんだのだった。

不正人間・菅野美穂!?

しかし、菅野の〝走り方〟に対し、視聴者からは異議が。実はよく見ると、他のチャレンジャーがつま先を上げ、尻を弾ませた勢いで進んでいくのに対し、菅野は足裏をべったりと地面につけ、伸ばした足で尻をたぐり寄せるように進んでいたのだ。

好タイムを出したとはいえ、尻ではなく足を使った走り方には〝ケチ〟がついてしまう結果に。ネット上には

《菅野美穂のお尻走あれはやり方違うやろ》
《アスリートは縦に腰を振るように進んでいたが 菅野美穂は蜘蛛みたいに開脚していた》
《みなかかとで進んでたが一人脚の裏全面で進んでた》
《菅野美穂さん、他の方と違ってお一人だけ足で進んでると思いますが… あれはお尻で進んでるというのかなー?》
《あれは、勝つよ、足の角度が違うもん》
《菅野美穂、足を使って進んでいた…こんなズル、見逃していいの?》

など苦言が相次いでしまった。

もしギネス記録を出しても、認定はされていなかっただろう。

【あわせて読みたい】