立川志らく“巨人ファン”煽り炎上!「この世で1番ダサい発言」「歪んでますね」

立川志らく

立川志らく (C)まいじつ

大の中日ファン&アンチ巨人で知られる落語家の立川志らくが、自身のツイッターで〝巨人批判〟を展開。その後、ツイート削除と謝罪を行ったのだが、煽るような物言いや言い訳がましさに、巨人ファンから怒りの声が寄せられた。

8月21日、チームメイトへの暴行事件で北海道日本ハムファイターズから無期限出場停止処分を受けていた中田翔選手が、移籍に伴う処分解除で移籍後初出場。しかし、志らくはわずか10日という処分解除に納得がいかず、同日に《読売は中田を引き受けてもう試合に出している。暴力で日ハムを追放になった選手をすぐ使うのか》《ドラゴンズは優勝出来なくてもこんなことはしません》とツイートした。

これに野球ファンから批判が寄せられると、志らくは当該ツイートを削除。しかし、直後に《読売ファンに荒らされるからね》と煽るようなツイートを投じたため、巨人ファンからは怒りの声が寄せられた。すると、志らくはここから《他のチームに行きたい選手はちょいと暴力を振るえばいいことになっちゃう。やはり半年は謹慎させないとね》と発言の真意を説明。直後に《読売ファンよ、ごめんね》と謝罪も行った。

謝罪と同時に言い訳… 煽りツイートも投稿し炎上

しかし、同ツイートの後半には《でもねYahooニュースのコメント欄見てごらん。殆ど私の意見に賛同するものばかり。謹慎せずにすぐ試合に出させた事を批判してるんです、世間は》と何とも言い訳がましい一文が。

さらに直後にも、《20代の頃、後楽園球場の読売ファン感謝祭で余興で出演したことがある。司会の人が志らくさんは巨人ファンです!と。主催者からもドラゴンズファンは隠してと頼まれていたが我慢出来ず、去り際に中日ドラゴンズ万歳!と叫んでブーイングを浴びた。快感。それ以来かな》と回顧し、巨人ファンからの批判を〝武勇伝〟のように語ったのだ。

この素直に謝れない姿勢は、鎮火どころか火に油の事態へと発展。志らくには、

《これはちょっと寒い》
《さすがに巨人叩きが先行しすぎててダサイ》
《今回のことが快感なのですか? だとしたら、相当あなたは歪んでますね》
《何で巨人で謹慎? 謹慎するならハムでしょ?》
《日ハム側とNPBのルールの問題なのになんで巨人ファンに矛先を向けるんだか》
《巨人ファン側としては不愉快。ただ巨人ファンに文句・煽りをしたいだけ》
《Yahooのコメント欄に支持されてます!(ドヤ顔) この世で1番ダサい発言ですね。笑》

など、巨人ファンを中心に多くの批判が寄せられた。

そもそもYahoo!コメントを参考にしている時点で、良識とはかけ離れているだろう。

【あわせて読みたい】