アジカン・後藤『フジロック』出演“言い訳”に非難殺到「ガッカリ」「反省すべき」

(C)Ilya Morozov / Shutterstock

人気アーティスト『ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)』のボーカル&ギター・後藤正文が8月20日から22日にかけて開催された『フジロックフェスティバル』に出演。ネット上に出演理由をダラダラと書き連ね、大ひんしゅくをかっている。

後藤はフジロック開催前日の19日、情報配信サービス『note』に自身の思いを投稿。《何からどう書けばいいのか、悩ましい。フジロックに参加するSIRUPの誠実なツイートを読んだ。コメントも付けてRTもした。自分の意見を表明したSIRUPだけに様々な言葉を引き受けさせるのではなく、ひとりの出演者として、俺も批判される立場を引き受けたいと思う》とコメント。

続けて、シンガーソングライター『SIRUP』の《事前にPCR検査を受けたり、当日にもう一度抗原検査を入場前に実施したり、参加中の際にもこのような状況下で開催されていることを今一度意識し、ガイドラインを確認し厳守するなど、可能な限りの行動を取るよう一緒に心がけていただけたら嬉しいです》という注意書きツイートを引用した。

さらに《情けないが、正直な自分の胸のうちがこれだ。もちろん、感じていることや考えていることのすべてを順序立てて、ここに書く技量もない。整理されていない言葉もたくさん抱えている》と、苦しい胸の内を明かした。

そして最後に《「予期できたのではないか」と言う言葉もあるかもしれないが、それもまた、市民どうしがお互いに向ける言葉というよりは、政府に向けるべき言葉ではないかと思う。感染症対策の責任は本来、彼らにあるはずだ》と政府を糾弾した。

後藤正文の“不公平な意見”にバッシング

「フジロック」についてダラダラと言い訳を書き殴り、結局、最後に「政府が悪い!」とまとめた後藤にネット上では

《さすがにオリンピック地獄と言ったなら、自分たちも同じ地獄を作った側の人間であるというスタンスじゃないとダメですよね? まずはきちんと反省すべきではないでしょうか》
《感染症対策の責任は政府にある? 国民全員が気をつけなきゃならないんだよ。政府が収められるなら世界中でとっくに収まってるわ》
《音楽活動が厳しいならバイトすればいいんじゃないですか? みんな一生懸命働いてますよ。政府に責任があり、自分で責任が取れないならなおさら出演見送ればよかったのに》
《俺らは政権批判したらだめなの?のひと言にガッカリです。地元の人たちが心配なのも分かっているのであれば政権批判等せずに自分に出来ることをしませんか? なぜそんな批判するのですか?》

などと非難轟々だ。

あまりにも非難が殺到したのか、後藤は21日に《Twitterについては、しばらく休みます。今年に入ってから自分の担うべき役割についてずっと悩んでいましたが、決心がつきました。また、どこかで書きます。意見を下さった皆さん、応援してくれた皆さん、どうもありがとうございます》とツイートしている。

7月16日には《オリンピック地獄だな》とツイートしていた後藤。どうやら〝フジロック地獄〟に陥ってしまったようだ。

【あわせて読みたい】