『黒夢』清春“マナー違反”にドン引き「路上喫煙やめて」「52歳にもなって…」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

ヴィジュアル系ロックバンド『黒夢』のボーカル・清春が、渋谷でグラマラス美女と〝路チュー〟していたと、8月22日配信の『NEWSポストセブン』が報じ、話題になっている。

記事によると清春は9日、日本のジャズの聖地と言われている『ブルーノート東京』でのソロライブを終え、楽屋口から退出。路上で気持ちよさそうにタバコを吹かした後、寄り添っていたベージュのワンピースを着たグラマラスな黒髪の女性を建物の植え込みの陰に誘導し、周囲に誰もいないことを確認すると、女性をギュッと抱き寄せ女性のマスクを外して口づけしたという。

「黒夢」は1994年にメジャーデビュー。清春は2003年からソロ活動を開始し、私生活では23年間連れ添った妻と20歳前後の2人の娘がいる。

清春の“常識外れ”な行動にバッシング

コロナ禍にも関わらずなんとも奔放な姿をみせた清春に、ネット上では

《52歳にもなって路上喫煙は止めようよ。ロッカーもきちんと条例守ってください》
《清春さん、キスしようがハグしようが自由ですが、路上喫煙はやめましょうよ。そしてマスクをしましょう。V系やミュージシャンに偏見を持っている人達にやっぱりな、と思われてしまう。非常に残念です》
《清春が女癖悪いのは昔からなので驚かないけど、路上喫煙やノーマスクはやめろよ。情けない》
《子ども奥さんもいるのに不倫するなら最初から結婚しなきゃいいのにね。コアなファンがいるのかもしれないけど、52才にもなり路チューとか路上喫煙とかドン引き》
《ミュージシャンだから女遊び当たり前といい歳こいて節操ないなんて、正直ダサい》

などと、辛辣な意見が飛び交っている。

「清春は2012年にアラサー美女宅から朝帰りする姿をキャッチされ、不倫が発覚しています。このときも別れ際に路チューしており、本人にしてみればルーティンなのかもしれませんね。また、2010年にはツイッターに《家でもみずほのことばかり考えてるよ。愛してるよ》と不倫相手に向けたメッセージを誤爆したとみられています。すぐに削除しましたが、お相手のアカウントが特定され、彼女のアンダーヘアーをブリーチさせて浮気予防していたことが明らかになってしまいました。52歳になっても相変わらずお盛んのようですが、さすがにこのご時世、ノーマスクや路上喫煙は叩かれてもしかたないでしょうね」(音楽ライター)

本人は取材に対して、「ハグはしたがキスはしていない」と路チューを否定しているというが、まずはその前にキチンと公共のマナーを身につけた方がいいだろう。

【あわせて読みたい】