やっぱり反町隆史に知的役は無理だった! 水谷豊がミスした「新相棒」抜擢

「ドラマの最後は、杉下が驚異的な理論で殺人者を黙らせ、事件を解決するというのが毎回のオチです。しかし、今seasonからは冠城が杉下の論理に補足する感じでシャシャリ出てくる。これが、なにか違和感を与えていて、ドラマを台無しにしているのです」(テレビ雑誌編集者)

反町は、1998年、ドラマ『GTO』(フジテレビ系)でヤンチャな教師を演じ、これが当たり役になった。また、私生活でも松嶋菜々子(42)と結婚。しかし、12年には飼い犬のドーベルマンが近隣住民に噛みつく事件が発生し、裁判沙汰となって、昨年敗訴している。

「お世辞にも知的なイメージがない俳優。だから今回、キャリア官僚というのが似合わないのでしょう。視聴率10%を切ることがあれば、緊急降板もあり得る。ミスキャストという声が多数です」(前出・テレビ雑誌編集者)

水谷の“相棒捜査”は甘かったか。