『さんま御殿』明石家さんまの“時代錯誤”発言に批判「いま令和です」

明石家さんま 

明石家さんま (C)まいじつ 

明石家さんまが8月24日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で何げなく放った言葉が、一部女性から批判の的になっている。

運動神経が抜群な芸能人と、運動音痴の芸能人に分かれてトーク。ボウリングや陸上の話で盛り上がった。長年サッカーに打ち込み、運動神経がいいという鷲見玲奈は今でも負けず嫌いだと漏らすと、さんまは「怖いな、逆に…恋人にすると」と漏らした。

「恋人とボウリングに行くと、絶対に負けたくないんだ?」とさんまが問うと、鷲見は「途中から負けず嫌いが出過ぎて、(恋人と)険悪なムードになっちゃう」と口に。女優の長野ジュリアも「分かります」と同調した。

明石家さんまが「普通の女の子はそうやで?」

運動神経が良くないという元『モーニング娘。』の飯窪春菜はこれに驚き、「自分とは真逆過ぎて。私だと『おだてます、おだてます』ってなっちゃいますね」と口にすると、さんまは「おだてます」との言葉に首をかしげながらもこれに乗っかる。「『かっこいい~!』に切り替えるのか。そうそう、普通の女の子はそうやで?」と鷲見に振った。

すると鷲見は「嫌です」とこれを否定。「温泉卓球とか行って、帰り別々に帰る」「(口も)ききたくないですね」と負けず嫌いな一面を見せた。

大半の視聴者はさんまの発言を聞き流していたが、「普通の女の子」というさんまの決めつけが気に入らなかった視聴者が、ごく一部ではあるがいたようだ。

《さんまはん、「普通の女の子ならそう」ってなんでっか?》
《さんま「普通の女の子そやで」???》
《「ほらな、普通の女の子はそうやねん!」って言ったの、何かすごい嫌だったな。そういう発言が編集もすり抜けてるのが怖い》
《明石家さんまが「普通の女の子はみんな男をおだてる」って。お前は何時代の話をしてるんだ。女性が我慢させられてた昭和の話してるんですか? いま令和です》

人によって普通は違うものだ。

【あわせて読みたい】