『パラ開会式』に指原莉乃!? “ソックリ歌手”登場に「検索した」「昔の指原」

指原莉乃 

指原莉乃 (C)まいじつ 

8月24日に『東京2020パラリンピック』開会式が開かれた。この式で登場した演者が、タレントの指原莉乃そっくりだと話題になった。

20時ごろよりスタートした開会式。コンセプトは「WE HAVE WINGS」とのことで、競技場をエアポートに模して劇が行われていった。

ネット上が少々ざわついたのは、22時過ぎたころのシーン。パラリンピック旗入場曲『いきる』の制作も手掛けた音楽家・蓮沼執太氏が率いる「パラ楽団」が登場した場面だ。障がいのある演奏者などが参加しているこのチームには、音楽家・坂本龍一とシンガーソングライター・矢野顕子の娘で歌手の坂本美雨も登場。「いきる」を歌っていた。

坂本の歌声には視聴者から

《キレイな声だなぁと検索してしまいました。それくらい音楽に疎いけど本当にキレイでした》
《とても聞きやすく芯から染みわたるってこのことですね》
《ラジオではよく耳にしていたのに今回初めてお姿を拝見し、歌声がすごくキレイで聴き惚れました》
《声も素敵だけどあたたかみのある性格も素敵だと思っております》

といった礼賛の声が殺到。その一方で

《最初さっしーかと思って思わず検索しました!》
《指原かと思った奴正直に言いたまえ》
《ちょっと昔の指原さんって感じ》
《指原出てきたかと思った》
《指原そっくりの坂本龍一の娘》

など、指原そっくりだという声も相次いでいた。

坂本美雨本人には自覚なし?

「以前からどことなーく似ていると言われていた2人。実は2016年1月には、坂本がファンからツイッターで『突然すみません。指原莉乃さんに似てるって言われませんか?』と質問されたところ、『?? 初めて言われました(笑)』と返していました。どうやら本人の耳には届いていないようですね」(芸能記者)

2017年5月放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で共演したことのある指原と坂本だが、お互いにどう思っているのだろうか。

【あわせて読みたい】