橋本健神戸市議の「辞意表明」で今井絵理子議員も辞職確実か

khadoma / PIXTA(ピクスタ)

政務活動費の不正請求疑惑が取り沙汰されていた神戸市議会の橋本健市議が、8月28日に辞職の意向を示した。

「橋本市議と不倫疑惑のあった今井絵理子参議院議員も辞職目前です。一連のスキャンダルを報じてきた『週刊新潮』は、ターゲットを決めたら、とにかく相手が音を上げるまでやる編集姿勢で、特に政治理念のない今井議員のことは以前から嫌っていました。その“ヘビぶり”は徹底されています」(週刊誌編集者)

同誌は、今井議員と橋本市議が新幹線内で手を“恋人握り”していた写真を掲載し、ホテルでの密会の様子、同部屋で宿泊したことも報じていた。その後、両者は狼狽した様子で記者会見をしている。そして、同誌は8月31日号で、橋本市議が政策チラシを印刷したとして約720万円を架空発注し、政務活動費を不正に計上したのではないかという疑惑を報道した。

「チラシの印刷を依頼されたという業者は、実態がなく印刷はしていないとし、さらに領収書を偽造したことも認めています。さらに、橋本市議から『話の帳尻を合わせてほしい』という虚偽工作を依頼するメールがあったことも明かされました」(同・関係者)

 

橋本市議の妻から訴訟があれば敗訴確実

橋本市議は「熟慮を重ねた結果、議員の職を辞したい」と辞意を表明し、政務活動費を返還する考えを示したが、架空発注については「いずれ皆様の前に出て説明責任を果たしたい」と述べるにとどめた。

「このままいくと橋本市議は3年前の“号泣議員”こと野々村竜太郎元兵庫県議のように、市民オンブズマンなどから刑事告発されることになるでしょう。野々村元議員は、弁済したあとにも不正流用の詐欺容疑で懲役3年執行猶予4年の判決を受けました。橋本市議も同様になるのではないかと思われます。もちろん潔白を示さない限り、所属の自民党も除名処分にするでしょう」(弁護士)

一方で、今井議員はどうなるのか。

「今井議員は不正疑惑のある橋本市議と結婚前提の関係であることを認めています。橋本市議は、現在の妻とは4~5年前に夫婦関係は破綻していると述べています。しかし、その妻からは昨年9月に橋本市議が突然に離婚を切り出してきたこと、現在も夫婦のままであることが明かされています。ということは、今井議員が夫婦を破綻させた張本人で、妻が訴訟を起こせばホテルで一緒にいる写真なども存在することから、間違いなく敗訴するでしょう。“不貞議員”であることが確定すれば、こちらも議員辞職です」(同・弁護士)

自民党が先に見切りを付けて除名にする可能性もあるだろう。

 

【あわせて読みたい】

※ ジャズトランペッタ―日野皓正「公開往復ビンタ」の隠れた内情

※ 「悪者」木村拓哉が見直され始めている!? 

※ 「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評

※ エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去

※ 「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味