『24時間テレビ』はオワコン! 視聴率低下の原因とは?

(C)TimeImage Production / Shutterstock 

8月21日から22日にかけて、日本テレビのチャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』が放送された。しかし今年の放送では視聴率が著しく低下したようで、ネット上で「オワコン化」が囁かれている。

福祉の実績や、支援の必要性を伝えて人々に推進する同番組。今年は「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに、両国国技館で無観客による生放送が行われた。メインパーソナリティーには『King & Prince』を迎え、同番組で恒例となっている感動ドラマも放送。他にも多くのゲストが登場するスペシャル企画や、コロナ禍にあわせてネット上で募金ができる〝キャッシュレス募金〟などが開催された。

「毎年同じような企画しか行われない『24時間テレビ』。なぜか今年は、世帯平均視聴率が12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、昨年の15.5%よりも3.5%も低い数値になってしまいました。この数値は全44回の放送で、歴代29位タイという結果に。ちなみに瞬間最高視聴率は23.4%で、チャリティー企画『復興への想いを繋ぐ 募金リレー』で最終走者の『TOKIO』城島茂がゴールした瞬間でした」(芸能ライター)

お涙頂戴番組は時代にそぐわない?

「24時間テレビ」の視聴率低下に対し、ネット上では、

《インターネットの普及が原因だろうね。昔は24時間やってるテレビなんて珍しかったから見てたってだけ。YouTubeやオンラインゲームがある時代には無理》
《何十億も金が動くなら、丸ごと募金して24時間停波してろ》
《ただでさえテレビ見ない時代なのに、24時間やる必要はないよな》
《そもそもコロナ禍で国民全員が苦しい状況なのに、チャリティーなんかしてる場合やないねん》
《感動の押し売りは情報過多の今の時代に合わないと思うし、コロナ禍なら尚更》
《とんでもなく時代錯誤感スゴイ。今年はコロナにスポット当てていつもと全く違う構成にするべきだった》
《40回近くやっておいてまだ世界救えてねえならやめちまえ》

など辛辣な意見が殺到している。

もはや今の時代、「24時間テレビ」を支持する人は少ない模様。「愛は地球を救う」と謳っているのであれば、コロナ禍の現在を救ってほしいものである。

【あわせて読みたい】