24時間テレビが公式SNSの「炎上騒ぎ」を完全スルー

(C)Zastolskiy Victor / Shutterstock

(C)Shutterstock

高い視聴率を記録した日本テレビ夏の恒例チャリティー番組『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』が、SNSで炎上騒ぎを起こしていた。

問題になったのは、番組公式アカウントによる次のようなツイッターへの投稿だ。

この投稿に対して《病気に対する認識が甘過ぎる》といったような批判が相次いだ。

《言い訳にって…ボキャブラリーの貧困さ抜きにしてもクソな表現だなと、現ぜんそく患者の1人として思いますね。発作が重過ぎて何度も病院行ったりとかしてるの、医療費使い過ぎてごめんなさいフエーン(><)とか言っておけば良いかな》

《小児ぜんそく持ちだったから体育のマラソンとかほとんど見学してたけど、先生やみんなに仮病だと思われてるんじゃないかって毎回肩身の狭い思いしてたのを思い出した。言い訳と思われてたなら悲しいなあ》

《あのねー「言い訳にせず」っていう言い方はぜんそく患者に対してあまりにも失礼だよ。職業選択さえ現場環境に左右される。発作で命を落とす危険もあるのに、努力を強いるような言い方は虫唾が走るわ》

ぜんそくで苦しんだ人から以外にも、医療関係者とおもわれる人物による投稿もあった。

《喘息は治療が発達した現代においても時に致死的になる疾患です。「喘息を言い訳にせず」という言い様は喘息という疾患を過小評価する物言いであり、仮にも慈善事業めいた肩書きを冠した番組のアカウントが言うべきではありません。即刻謝罪・訂正すべきです。》

だが、24時間テレビのアカウントはこういった批判をすべて無視し、番組終了まで番組内容とチャリティーの待ち時間の投稿だけをし続けた。《言い訳にせず》という言葉を変えれば、ここまで炎上しなかっただろう。

 

【画像】

(C)Zastolskiy Victor / Shutterstock

【あわせて読みたい】

エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去

「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑

石原さとみが24時間テレビで「神対応」連発と大好評

24時間TVでマラソン完走のブルゾンちえみが見せた「芸人魂」