第7世代芸人の“ゲス行為”に批判殺到! 女遊びも悪びれず「ただただ不快」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

8月22日放送の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)で、男女お笑いコンビ『ラランド』ニシダのクズすぎる実態がまたも公開された。今回もまたスタジオの芸人からは非難轟々で、視聴者も同じく不快感を覚えたようだ。

番組は、昨今の芸人にスキャンダルでの活動休止が相次いでいることを受け、芸人のゴシップを調査することに。『マヂカルラブリー』村上や『四千頭身』後藤拓実の怪しい女性関係が明るみにされ、ニシダの実態も暴かれることとなる。相方のサーヤによれば、以前、インスタグラムのDMで「ニシダに遊ばれた女」と称する女性から、ニシダがベッドで眠る〝事後〟画像と告発メッセージが送られてきたそう。そこで番組が本人を直撃すると、ニシダは「性に奔放な時期があった。相手の女性とはマッチングアプリで出会った」と全く悪びれる様子もなく語った。

その後、スタッフはニシダの自宅にも案内されたのだが、そこには「顔は見せられないがかなりの美人」という女性が。ニシダはモザイク越しでも美女だと分かるこの女性と同棲しており、「去年の秋くらいから付き合ってる。マッチングアプリで出会った」のだという。

スタジオ・視聴者から批判殺到「ただのゴミクズ」

しかしこの部屋は彼女の名義で、彼女いわくニシダは「食費・生活費・家賃、全部払ってない。家事もしない」とのこと。それでも交際する現状について、スタジオの芸人たちは「騙されてるんじゃないの?」などと騒然となった。

さらに、サーヤはマッチングアプリの料金やカード代の請求を全て親が払っており、「1人暮らしするから」と100万円を振り込ませたことも暴露。しかし、ニシダは特に悪びれる様子もないため、新井恵理那は「こんなの許せない! 男の中のクズです」と怒り、『四千頭身』都築拓紀は、「今後、バラエティーでこういう人面白がるのやめませんか? 真面目に生きてる人がバカを見るんですよ」と提唱したのだった。

視聴者からも、スタジオ同様に

《面白くもない ただのゴミクズが笑いを取ってる》
《都築いいこと言った! クズで性悪なエピソードでウケをとる芸人がホント大嫌い!》
《演出だとしてもただただ不快》
《笑えない… クズってだけで面白さがわからない》
《親も甘やかしてて悪い》

などと不快感が殺到。そのクズさに怒りがあがっていった。

こうして仕事に繋がる以上、ニシダもクズ行為をやめることはないだろう。面白がって取り上げる制作側も共犯だ。

【あわせて読みたい】