伊達公子が2度目の現役引退を決めた諸事情

(C)zippy /  Shutterstock

(C)zippy / Shutterstock

女子テニスの元世界ランキング4位で、46歳の伊達公子が、8月28日に自身のブログで現役引退を発表した。9月11日に開幕する『ジャパン女子オープン』(東京有明テニスの森公園)が最後の大会出場になる。

ブログには、《伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました。》記した。マネジメント事務所によると、9月7日に記者会見をする予定だという。世界トップクラスだった1996年に一度現役を退き、2008年4月から復帰していた。

「復帰当時はテニスの人気が下火で、部活でテニスを選択する中学生や高校生も少なかったため『自分が頑張ることでテニスというスポーツの素晴らしさを知ってほしい』と奮い立って復帰したという経緯があります。なんといっても四大大会で数多くのスーパーショットを見せていた“世界のDATE”の復活ですから、全世界に衝撃を与えました」(スポーツライター)

当時は、レーシングドライバーだった夫のミハエル・クルムの練習に付き合ってランニングをしていたので、まだ体力が残っていたが、このところは「体の疲れがなかなか取れない」と嘆いていたという。クルムとはのちに離婚している。

「伊達の全盛期は、世界にも多くの強豪がひしめいた時代でした。ライバルにシュテフィ・グラフやマルチナ・ナブラチロワがいて、どの大会でも死闘を繰り広げていたのです。伊達の活躍の歴史は、日本がテニスで世界に打って出て行く象徴だったのです」(同・ライター)

 

前人未踏の功績を残した伊達

伊達の名誉はまだまだある。アジア出身の女子テニス選手として、史上初めてシングルス世界ランクトップ10に入り、日本人21年ぶりのグランドスラムでのシングルスベスト4、日本人女子初の全仏オープンでシングルスベスト4とウィンブルドンのシングルスベスト4進出。そして、現在日本人女子最後の4大大会シングルスベスト4進出者でもある。

「このタイミングで引退をするということは、錦織をはじめとした日本人選手が活躍することにより、テニス人気が盛り返したとことで“使命を終えた”と感じたことによるのかもしれません。現在は、ラケットの角度でパッシングショットを打つテニスではなく、手首と腕力でボールを振り切る“パワーテニスの 時代”となったのも一因でしょう。ラケットを繊細な角度で変えて、相手のボールの勢いを殺して返球するタイプの伊達にはマッチしないようになってきました」(同・ライター)

伊達の本音は、記者会見を待たないと分からないが、パワーテニスの時代に戸惑っていたのは明らかだ。伊達は、2009年に13年ぶりのツアー優勝を果たしたが、昨年1月の全豪オープン予選に出場後、2月と4月に左膝の手術を受けた。現在女子世界ランク100位内選手のなかでも最年長選手であり、2番目に年長のビーナス・ウィリアムズより10歳年上だというから驚異の46歳である。

「伊達は日本のテニスの歴史を引っ張った立て役者です。銅像にしてもいいくらいの功績を残しました」(テニス協会関係者)

最後の試合に注目が集まる。

 

【画像】

(C)zippy / Shutterstock

【あわせて読みたい】

エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去

「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑

石原さとみが24時間テレビで「神対応」連発と大好評

24時間TVでマラソン完走のブルゾンちえみが見せた「芸人魂」