『水ダウ』クロちゃん“命がけ”無人島企画に「奇跡の男」「鳥肌たつ」

クロちゃん 

クロちゃん 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月25日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、クズキャラでお馴染みの『安田大サーカス』のクロちゃんが出演。体を張った演出で好感度をあげる一幕があったようだ。

この日、番組では『クロちゃん部屋ごと無人島生活』という企画を実施。サンテレビの『関西ギャル娘』というニセ番組の収録のため、クロちゃんは関西に。その隙に、スタッフがクロちゃんの部屋の荷物を、東京から約500km離れた黒島と呼ばれる無人島へと運び出し、完全ワープさせた。

クロちゃんは、美女に囲まれ大量に酒を飲み、熟睡したまま無人島へ出港させられた。目覚めると自分の部屋のベッドで倒れていることに気が付き、動揺する様子を見せる。

その後、クロちゃんには〝無人島に散らばった7つの球を集めれば願いが叶う〟という『ドラゴンボール』さながらの脱出ミッションが課せられ、それを果たすために断崖絶壁のような岩壁を登るシーンが幾度も映し出されるのだった。

クロちゃんの“忍耐力”に称賛の声

結果的にすべての球をゲットできたクロちゃんだったが、地面から高さ30m、一足踏み外せば命の危険が考えられるような場所での撮影が繰り広げられたことに、視聴者からは

《よく怪我したり放送事故にならなかったな。クロちゃん奇跡の男》
《水ダウの録画消化してるけど、クロちゃん企画イカれてて最高》
《何回観てもくっそ笑うwwwwww やっぱクロちゃんって最高のエンターテイナーだと思うわww》
《どうしようもないクズだと思ってたけど感動した。水ダウのクロちゃんの企画は毎回ホントに鳥肌たつ》

などといった反響が相次いだ。

「クロちゃんは、強烈な臭いを放つ洞窟や潮の流れが速く距離のある離れ小島に悪戦苦闘する様子を見せ、脱出のため、体を張った生活を続けました。過去、ひときわ注目を浴びた『モンスターハウス』企画では、女性に対するゲスな行為でドン引きした視聴者も多いですが、今回はクロちゃんの〝プロ精神〟が顕著に表れた回だったのかもしれません」(エンタメ誌ライター)

窮地での忍耐力も〝モンスター級〟だったようだ。

【あわせて読みたい】