『ダウンタウンDX』ナダルが番組スタッフをディス「最悪!」「敵に回した」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

『コロコロチキチキペッパーズ』のナダルが、8月26日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。ADやスタッフを見下すような言動を繰り返し、視聴者から批判を集めている。

千原ジュニアやカンニング竹山ら、売れっ子芸人が普段のグチを明かした。終盤、打ち合わせの光景をカメラで撮影し、公認心理師の山名裕子氏が芸人たちのクセや行動を分析した。

ナダルはスタッフと打ち合わせしながら、腕組みして手の指をしきりに動かす。またまゆ毛をポリポリとかき、いすの下で足をブラブラさせるなどせわしない様子を見せていた。

これを見て山名氏は、上半身の動きは緊張や不安を軽減させるための、ストレス解消を目的とした行動だと指摘。一方で足をブラブラさせる行動は「退屈行動」だとした。

人の深層心理は足の動きに出やすいとし、「本当のところは人をなめていらっしゃる」と断定した。

スタッフやADを「下に見るようにして…」

ナダルは「その人はね? もちろん」とあっさり認め、「ダウンタウンさんはもちろん尊敬してますけど、スタッフさんに気を遣ってられないですよ、もう」と開き直った。

「ずっと緊張してられない。人を見極めてやってます」と続けると、ジュニアは「それがアカンやん!」とツッコミ。だが「スタッフさんとかADとかディレクターとか、そのへんの人は下に見るようにして…」「人見て態度を変えるようにしてます」とキッパリ。『麒麟』の川島明は「一緒に番組作ってはんねんやからさ…」となだめていた。

視聴者は一連の物言いに反応。ナダルを批判している。

《ナダル、人見て態度変えますってキツいなw》
《結構酷いこと言ってるね。スタッフさんを下に見るとかほんと良くないと思う》
《全スタッフも敵に回したな》
《ADとかスタッフも芸人によって態度変えれば良いのに》
《ADとかディレクターを下に見てるとか酷》
《ナダル最悪! 人を見て態度を変えるなんて! 仕事を差別してるよね》
《人によって態度変える? ナダルやっべぇぞ!》

大物芸人と相対するストレスはそれほど大きいのか。

【あわせて読みたい】