伊東美咲“12年ぶり”テレビ出演に批判殺到! 今週の嫌われ女ランキング

伊東美咲 

伊東美咲 (C)まいじつ 

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも〝嫌われた女〟ランキングと、代表的な記事をご紹介します(8/26配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 伊東美咲 : 伊東美咲“12年ぶり”テレビ出演が大不評!「見下した感じ」「自慢ばっか」509pt.

伊東美咲“12年ぶり”テレビ出演が大不評!「見下した感じ」「自慢ばっか」

2位 土屋太鳳 : 土屋太鳳“超ブラック”な芸能界事情を告白「危険だ」「えぐい」142pt.

土屋太鳳“超ブラック”な芸能界事情を告白「危険だ」「えぐい」

3位 大島優子 : 大島優子に高級ブランドは似合わない? ニットワンピにツッコミ「無理がある」120pt.

大島優子に高級ブランドは似合わない? ニットワンピにツッコミ「無理がある」

4位 LiSA : LiSAが離婚決意!? 早期仕事復帰で“不倫”声優夫と決別か…「見限った?」111pt.

LiSAが離婚決意!? 早期仕事復帰で“不倫”声優夫と決別か…「見限った?」

5位 指原莉乃 : アイドル界の闇? 指原莉乃の『=LOVE』“不仲説”浮上で評判ガタ落ち… 93pt.

アイドル界の闇? 指原莉乃の『=LOVE』“不仲説”浮上で評判ガタ落ち…

6位 山之内すず : 山之内すず“不幸話”解禁でアンチ増殖「プライベートの切り売り早くない?」33pt.

山之内すず“不幸話”解禁でアンチ増殖「プライベートの切り売り早くない?」

7位 若槻千夏 : 若槻千夏“人気女性タレント”の嫌がらせ暴露! お相手がネット上で特定? 22pt.

若槻千夏“人気女性タレント”の嫌がらせ暴露! お相手がネット上で特定?

8位 西山茉希 : 西山茉希“疑惑”否定も心配の声「明らかにヤセすぎ」「病院行った方が…」20pt.

西山茉希“疑惑”否定も心配の声「明らかにヤセすぎ」「病院行った方が…」

9位 本田翼 : 本田翼“オタサーの姫”から卒業!? オタク切り捨てでキッズ向けに路線変更か 19pt.

本田翼“オタサーの姫”から卒業!? オタク切り捨てでキッズ向けに路線変更か

土屋太鳳が“超ブラック”な芸能界事情を告白…

今週もっとも注目を集めたのは、俳優の伊東美咲にまつわる話題です。彼女は、8月18日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演しました。

約12年ぶりのテレビ出演とあり、この日は番組も緊張感や期待感で独特の雰囲気に。鑑定役の占い師・星ひとみ氏はさっそく「家族のために生きる人生」「ピュアすぎて疑い深い」「ネットはコメント欄まで見るタイプ」など、細かく伊東を占っていきます。本人もこれに大きくうなずいており、どうやら占いは的中している様子です。

移住先であるハワイの生活について聞かれると、伊東は「日常的に山があって海があって、という生活をしているので」と前置き。続けて、「週に1回お花屋さんに行ってお花を入れ替える。趣味みたいなものですかね」「全面窓というようなお部屋もあって。全開にすると7~8メートルの窓が開くという作りなので、窓を開けると海なんですね。朝から全開にして空気の入れ替え」「夕方はほぼプールに入っています」「テニスコートとプールが家の下にあるので、毎日プールに1時間ほど。そこの中で公園のように完結できる。バーベキューエリアがあってドッグランもあって、毎日そういうルーティンを組める」などとセレブ発言を連発していきました。

さすがは大手パチンコメーカー社長の妻と言わざるを得ない、有閑な私生活を語った伊東。しかし、視聴者にはこれが自慢話と映ってしまったようで、ネット上には

《雰囲気があまりよろしくないな。気の強さとプライドの高さが表にでてる》
《伊東美咲ってこんな感じの人だっけ…。あんなプライド高そうな感じじゃなかったと思うんだよな…》
《伊東美咲のハワイ生活自慢。海に山に自然が豊かって》

など、妬み嫉みが噴出してしまいました。12年のブランクで、こういった発言は視聴者からの反感を買うと忘れていたのかもしれません。

続いては、俳優の土屋太鳳にまつわる話題です。彼女は8月16日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)に出演。2日後の18日、同局公式YouTubeチャンネルで公開された未公開トークで、激務と学生生活に追われた日々を明かしました。

今年3月、26歳になって、ようやく大学を卒業した土屋。トークではこの経歴も話題に上がり、MCの『オードリー』若林正恭は「8年って結構ギリギリだったんですか?」と質問。土屋は「そうなんですよ、8年が多分最後…」と、在籍可能期間いっぱいまでかかったことを明かします。「さすがにもう4年生じゃないし、レポートに『大学8年生』って書いたら、先生に『さすがに4年生で大丈夫だよ』って言われました」との律儀なエピソードも語りました。

同じくMC・弘中綾香アナウンサーの「学業とお仕事の両立は大変でしたよね?」との質問には、「約5年くらい、睡眠時間が3時間とかの時期が続いていて。ボロボロの状態でなんとか乗り切ることができました」と告白。芸能活動との両立が上手くいかなかったとし、自業自得とはいえ、卒業のために身を削ったことを振り返っています。

これに対し、ネット上には、

《5年3時間睡眠ってえぐい》
《睡眠時間が3時間とか芸能界とはいえ普通にブラックすぎるだろ事務所www》
《人によっては心身共、病気になってもおかしくないので賞賛するのは危険だなと思う》

といった反応が。いくら何でも〝ブラック労働〟ではないかと、土屋の体調をおもんぱかる声があがっていきました。

再入学や多浪・留年に対し、とても大きな偏見がある日本。「26歳学生」でバカにされる風潮すらある中で、睡眠時間を削ってまで卒業したのは称賛に値するでしょう。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】