小泉進次郎の“新作ポエム”に困惑「水筒を使っていたけど使っていなかった」

小泉進次郎 

小泉進次郎 (C)まいじつ 

〝ポエム大臣〟こと小泉進次郎環境大臣が、またもや〝新作〟を発表。ネット上で頭を悩ませる人が続出している。

新作が飛び出したのは、『毎日新聞』が中高生向けに発行する『15歳のニュース』だった。小泉環境相は子どもたちからの質問や提言について回答。自身が使用しているというマイカトラリーを公開し、かつて国会では〝マイボトル〟が禁止だったが、多くの関係者の理解を得て、使用が認められたことなどを説明した。

問題の発言は最後のメッセージに含まれていた。小泉環境相は《15歳のときの私とは違うなと。15歳の私はサーマルリサイクルという言葉を知らなかった。そして15歳の私はマイバッグという言葉もない世界に生きていた》と自身の中学生時代を振り返った。続けて、《そして野球部員だった私は水筒を使っていたけど、環境配慮の観点で水筒を使っていなかった。そして15歳のあのときに今ほどこんなに暑くなかった》とエピソードを披露した。

小泉進次郎の“発言”は説明不足?

小泉環境相の「水筒を使っていたけど、環境配慮の観点で水筒を使っていなかった」という謎の発言に、ネット上では

《10秒くらい意味を考えてしまった。えっと、つまりどういうこと?》
《意味が分からない。水筒を使っていたのか使っていなかったのかどっちなの?》
《3回くらい読み直して、やっと理解できた。これ1回で理解できる奴いるの?》
《まったく意味が分からない。子どもたちへ向けたメッセージならもう少しわかりやすくお願いします》
《また小泉さんのポエムかよ。何が言いたいのかすぐに分からないような発言するなよな》
《ツイッターに流れてきたから読んでみたら、想像以上に進次郎だった。確かにこれはわからない》

などと、首をかしげる人が続出している。

「どうやら小泉環境相が言いたかったのは、『野球部員だった私は水筒を使っていたが、それは環境配慮の観点で使っていたわけではなかった』ということなんでしょうね。恐らく記者が小泉環境相の意向をくんでそのまま文字化したのでしょうが、もう少しわかりやすく書き直した方が良かったと思います。ぱっと見、いつものポエムと思った人も多かったのではないでしょうか」(ネットニュースサイト編集者)

子どもたちへ環境問題に対する取り組みを説明しながら、同時に国語の勉強もさせるとは…。さすが小泉進次郎、次期総理大臣候補と言われるだけのことはある。

【あわせて読みたい】