宮迫博之“ファン離れ”加速? YouTube再開に批判「くだらない茶番」

宮迫博之 

宮迫博之 (C)まいじつ

今月17日にお笑いコンビ『雨上がり決死隊』を解散した宮迫博之が8月26日、自身のYouTubeチャンネルに新たな動画を投稿。休止からわずか1週間での再開に、ファンから大ブーイングが起きている。

宮迫は20日に当面の間YouTubeの配信を休止することを発表。しかし、この日の動画では、「しばらく休むって言ってて、1週間って早いんじゃないかみたいなこともあると思うんですけど、止まっていても何も解決しないという気持ちにいたりました。明日からどうかまた配信させてもらいます」と説明。

続けて、「応援してくれる方々、少しでも笑顔になって元気づけられるような動画を出していきたいと思いますので、よろしくお願いします」と頭を下げた。

動画休止発表からわずか1週間での再開に、ネット上では

《あまりにも早すぎて笑ったわ。この人のダメなところってこういうところなんだよな。なんで気がつかないんだろう…》
《宮迫のなにが嫌いってこういうところだよ。少なくとも1、2ヵ月くらい大人しく出来ないのかな》
《吉本の大崎会長からトドメ刺されたし、YouTubeしかやれないもんね。これも長く続くか微妙だけど》
《じゃあなんで休止発表したの? 普通の配信者でも1週間空くことなんかよくあるのに》
《死ぬほどくだらない茶番をずっと1人でやってるけど、どうした?》

などと、非難の声が相次いでいる。

宮迫博之の“YouTube再開”に疑問の声

「宮迫は解散発表の翌19日未明に改めて謝罪動画をアップし、20日に自身のツイッターでYouTube動画の配信を当面の間休止すると発表しました。当初は本人も本当に休むつもりだったのかもしれませんね。しかし、『吉本興業』大崎会長の『宮迫に頑張ってという気持ちはない』などという発言が思いのほか、宮迫に強くのしかかっているのでしょう。事実上、地上波復帰は絶たれており、生命線のYouTubeを復活させるしかなかったのではないでしょうか」(芸能記者)

現在、宮迫のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』のチャンネル登録者数は142万人。投稿されている動画はコンスタントに数十万回再生されており、今のところ順調といえるが、一連の解散騒動でイメージはさらに失墜している。

今後、ファン離れが加速した場合、本当の試練を迎えることになりそうだ。

【あわせて読みたい】