『かのキレ』低迷の戦犯は宇垣美里? 第2の田中みな実になれない理由は…

彼女はキレイだった  宇垣美里 

彼女はキレイだった  宇垣美里 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

『Sexy Zone』中島健人と俳優・小芝風花がW主演を務める連続ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の第7話が8月24日に放送。世帯平均視聴率は7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と相変わらずの不調を見せ、ネット上では厳しい声があがっている。

視聴率は初回7.6%、第2話7.0%、第3話7.1%と推移。その後、徐々に下がり、第4話4.8%、第5話6.4%、第5話6.9%と一度も2桁を達成しておらず、低迷が続いている。

同ドラマは、廃刊の危機にあるファッション雑誌『ザ・モスト』の副編集長を務める宗介(中島)と、編集部で働き始める愛(小芝)を中心に物語が進んでいく。愛の魅力に気づいた宗介のもとに、強力な恋のライバルが現れ、すれ違う初恋の行方をテーマにしたラブストーリーだ。

第7話では、自分の気持ちに気づいた愛がすべてを打ち明けようと決心し宗介の元へ急ぐが、そこに親友の梨沙(佐久間由衣)の姿が。物陰から2人の様子を見ていた愛は、梨沙が〝愛のフリ〟を続け、ひそかに宗介と会っていたことを知ってしまう。一方の宗介は、愛を思う気持ちが日に日に強くなり、その思いを伝えようとする気持ちが交差する様子が描かれた。

宇垣美里の“演技力”に酷評「げんなりくる」

そんな中、ネット上では視聴率低迷の戦犯として〝あの人〟の名前が浮上。実際には、

《風花ちゃんがかわいくて毎週楽しみにしてるけど、宇垣美里の大根演技が毎回げんなりくる。もう少しなんとかならないのか》
《宇垣美里のコスメオタクはハマり役だと思うけど、いかんせん演技力がついてこない。こんな棒演技じゃそりゃ視聴率下がるわ》
《宇垣さんはかわいらしいんだけど、演技が下手すぎ。少しは田中みな実を見習ってほしい》
《やっぱりドラマは役者だよね。話題性だけの人に需要ある?》

などと、厳しい指摘が飛び交っている。

「宇垣はヒロインが働くファッション誌編集部のビューティーエディター・須田絵里花役を演じています。本人はドラマ開始前に『普段から仕事で美容誌やファッション誌のビューティー担当の編集者の方とご一緒することが多いので、私にぴったりな役柄だなと思います』と語っていました。しかし、そもそも役柄以前に、演技があまりにも大根過ぎて、視聴者も呆れているようです。同じフリーアナウンサーとして、よく比較される田中みな実は、ドラマ出演にあたり、かなり演技の勉強をしたそうですが、どうやら宇垣にそこまでのプロ根性はなかったようです。6話でも宇垣の長台詞に酷評が飛び交っていましたが、ドラマがいつになっても2桁に届かないのは、宇垣の棒演技にも原因がありそうですね」(テレビ誌ライター)

宇垣は2019年3月いっぱいでTBSを退社。4月からフリーに転身した。当初は大ブレークが期待されたものの、思った以上に活躍の場は広がっていない。同じくフリーに転身した田中や鷲見玲奈の快進撃をみると、少々、物足りなさを感じるのも事実だ。実際、目にするのは雑誌のグラビアばかりで、口さがないファンからは「グラドルになったんですか?」などと、揶揄する声もあがっている。

満を持して本格的にドラマ出演を果たした宇垣だが、見事挽回を果たせるのか。今後の活躍に注目が集まっている。

【あわせて読みたい】