『ダウンタウンDX』自転車の“バッドマナー”指摘に共感「めっちゃわかる」

カンニング竹山 

カンニング竹山 (C)まいじつ

炎上の常連として知られるカンニング竹山が、珍しく人々の共感を得る発言をしたようだ。

竹山は8月26日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。この日のテーマは「売れっ子芸人のグチSP」で、竹山はじめ芸人たちは愚痴を口にする。

その中で「自転車の交通ルール」を挙げると、竹山は「皆さん、車運転するから分かってると思うんですけど…」と前置き。続けて、「自転車が何年か前から車道を走るようになったじゃないですか? いいと思うんですよ? ただ、自転車乗ってる人が多分、車の免許持ってないのか、道路交通法をよく知らない奴がいっぱいいるから…」と苦言を呈し、「例えば、赤信号でこっち車で止まってても、自転車は無視して直進する」と危険な体験談も述べた。

「それをまず取り締まれと! 行っちゃダメでしょ!?」と声を荒らげると、「赤信号でバンって俺の車にぶつけて、そのまま行く」と当て逃げ被害に遭ったことも告白。この話にオチはなく、「…ていう普通の話です」と笑いなしで締められたが、共演者も多くが共感していた。

自転車ユーザーの民度の低さに共感の声

ネット上にも、

《まさにカンニング竹山さんが言っている通り 自転車の交通ルールを取り締る事が絶対必要》
《初めて竹山さんに共感しました》
《竹山さんの自転車の話めっちゃわかるわぁ》
《ほんと自転車も取り締まって欲しい。道交法で自転車も車道走っていい事になってるけど、右側走行してるし、信号無視だし》
《歩行者が青で渡ってるのに横切ってくるのとか本当やめてほしい… スピード速いし車みたいにデカくないから気がつけないんだよ》

など、竹山への賛同が殺到。どうやら、国民の多くは自転車のマナーの悪さに辟易しているようだ。

「自転車乗りのバッドマナーは以前から問題になっていました。分類上は車にもかかわらず平気で歩道を走り、飲酒運転や2人乗り・信号無視も当たり前で、全く道路交通法を守りません。乗り物ジャンルで言っても、その迷惑度は鉄オタすら凌駕するでしょう」(交通ジャーナリスト)

加害者にも被害者にもなり得るため、十分に気をつけてほしいものだ。

【あわせて読みたい】