『占ってもいいですか』大炎上! 占い師の“無責任”発言に「酷すぎません?」

鈴木奈々 

鈴木奈々 (C)まいじつ 

ホットリーディングとコールドリーディングの疑惑などから、早急なBPO審議入りが望まれる番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)が、タレント・鈴木奈々への根拠なき鑑定を行って非難を浴びている。

鈴木は体調不良を理由に8月4日付で休養を発表しているが、収録は7月17日に行われたとのこと。時期的にすでに思い悩んでいたのか、鈴木は「救ってほしいです、最近考えちゃって眠れない時があるんですけど」「このままの私でいていいのか、すごく悩んでいて」とワラにもすがる思いで占い師を頼った。

悩みは主に仕事に関してだったが、「夫婦関係がちょっとあれだった」と、過去に私生活ですれ違いがあったことも吐露する鈴木。これに対し、占い師は「仕事はやめたらいかん、人生はリズム。全然できるし芸能界が合っている」「聡明なお子さんを授かります、その子によって幸せな人生を切り開いていきます、ご自身の運気が子どもとともに上がっていきます」などとアドバイスを送る。

占い師の無配慮・無責任・無根拠発言に非難轟々

これを聞いた鈴木は、絶叫しながら驚くと「私、子ども出来ます?」と発言。続けて、「タイミングが難しいんですよね」と涙を流しながら明かし、なかなか子宝に恵まれないことをにじませたのだった。すると、ネット上には

《子どもの話で泣いたのなら、よほど子どもが欲しいとかなのかな?》
《メンタル弱ってて休もうとしている人に根拠もなく頑張れや、子が授かりますっていうのちょっと酷すぎません?》
《こんな予言して仮に子ども授からなかったらショックでかいだろうに》
《ほんと無責任ですよね。こんなこと、軽々しく言っていいんですかね》
《子どもを授かるとかは無責任占いじゃないですか まして今、奈々ちゃんはいろいろ悩まれてる時期だし》

など、番組への批判が噴出。子どもについて悩む人にはデリカシーのない酷な発言ではないかと、その無責任さが咎められた。

占いなどという非科学的なオカルトに依拠する同番組。BPOも「痛みを伴うことを笑いの対象にするバラエティー番組」の審議というくだらないことをしている暇があるならば、〝スピリチュアル傾倒〟を推進するようなこちらに目をつけたらどうだろうか。

【あわせて読みたい】