『月曜から夜ふかし』スタッフ“催眠術”で白目に「怖い」「ヤムチャも真っ青」

マツコ・デラックス 

マツコ・デラックス 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月30日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で番組スタッフが催眠術にかかり、視聴者が「怖い」などとザワついている。

街ゆく人にユニークな経験を持つ友達を紹介してもらう企画を放送。たびたび番組に出演しているプロマジシャンのマジシャンGO氏は、コロナ禍でイベントが次々とキャンセルされ、「生活できなくて催眠やってます」と、催眠術を施すようになったと明かした。

GO氏は尊敬する催眠術師として夢幻颯人氏を紹介。夢幻氏は「ソーシャル催眠」ができるという。番組では女性スタッフ3人が、催眠術にかかるか実験した。

女性スタッフ全員が白目むく

相手に近づかず、ベルと言葉だけで催眠をかけるとした夢幻氏は、3人から離れてベルを鳴らしながら言葉をかけ「しっかりと催眠に入ってる状態です」と口に。

「ベルを鳴らすとまぶたが重たくなります」「次、鳴らすとまぶたが自動的に開いてきます」と告げベルを鳴らすと、スタッフの1人は「ヤバイヤバイ!」と漏らし、まぶたを開けられなくなった。

続けて夢幻氏がベルを鳴らすと、スタッフはゆっくりまぶたを開けたが、まぶたの奥は白目。スタッフは「開いちゃう開いちゃう! ヤバイヤバイ!」と悲鳴を上げた。

「全員一気にいきますよ」と告げて再びベルを鳴らすと、横に並んだスタッフ3人全員が白目をむき、まぶたをけいれんさせた。3人は「すごかったです」などと催眠術を振り返った。

視聴者は白目をむいた3人を見て驚がくしている。

《「催眠術かかってみたーい」とか、軽い気持ちで言うのやめよう…笑》
《天津飯にKOされたヤムチャも真っ青な白目っぷりやったな~》
《鈴の音で白目になるの怖い…》
《3人の白目怖いわw》
《白目は怖いけど、ソーシャル催眠はすごい》
《本当に怖いのは人間だった》
《ヤムチャみたいな白目》

催眠術師の「技」は恐ろしい。

【あわせて読みたい】