ジャズトランペッター日野皓正「公開往復ビンタ」の隠れた内情

(C)Shutterstock

ジャズ・トランペット奏者の日野皓正氏が、自身が指導する中学生のビッグバンド『Dream Jazz Band 13th Annual Concert』の演奏の最中に、男子中学生に往復ビンタを食らわしたとして話題になっている。

問題が起きたのは、まさにコンサートの本番中だった。ドラムを担当していたひとりの中学生に対して、おもむろに観客席から日野氏が歩み寄ると、突然、スティックを取り上げた。中学生はドラムがたたけなくなると、そのまま素手でたたき続け演奏をやめようとしない。それを見た日野氏はさらに激昂し、中学生の髪の毛をわしづかみにして「何だ、その顔は!」と身振りを交えて怒鳴ると、突然、往復ビンタをした。このただならぬ様子に最初は“演出”だと思っていた観客も困惑し、会場は一気に不穏な空気に包まれたという。

「このニュースが流れた直後は『体罰だ!』と、日野氏を糾弾する声が広がりました。ブラスバンドなどの音楽系の活動は運動系の部活動よりもむしろ厳しいと、よくいわれますが、世界的なジャズ・トランペット奏者が公衆の面前で中学生をビンタしたとあっては、非難されても仕方ありません。しかし、その後、内情が漏れ聞こえてくると批判は一転、擁護の声に変わったのです」(芸能記者)

 

たまらず止めに入った日野氏

関係者によると、問題の演奏時間帯はバンドの演者がそれぞれ自分のパート部分をソロ演奏し、披露するという場面だったという。それぞれ短い時間ながらも自分だけの演奏をする、いわば観客に対するアピールと挨拶を兼ねた部分だ。しかし、問題の中学生は決められた時間を過ぎても一向に演奏を止めず、ひとりよがりな行為に終始した。日野氏はその身勝手な行動をやめさせようとしてスティックを取り上げたが、それでも素手でドラムを叩き続けたことに我慢がならなかったというわけだ。

「事件が起きたのはコンサートの最後の曲で、100人近い生徒がそれぞれソロをするというところでした。ドラムの子は次の人に受け渡す時間を無視してチームワークを乱したのです。終演時間も迫っていたため、みな困惑していました。中学生が演奏に高揚してつい調子に乗ってしまったといえばそれまでですが、ビッグバンドはあくまでも集団演奏です。周りに迷惑を掛けたために、たまらず日野さんが止めに入ったのです」(当日参加していた中学生の親族)

最近では、どんな活動でも指導にあたり暴力を振るうことは厳しく禁止されている。日野氏の行動は冷静さを欠いていると指摘を受けても仕方ないことだが、身内の演奏会ならともかく、大人ひとり4500円の入場料を徴収して演奏を披露する以上、たとえ中学生であっても勝手なことは許されない。

ドラムを演奏していた中学生の親は、この件について非を認め謝罪しているというが、せっかく練習の成果を発表する場が思わぬ大騒動となってしまった。もちろん一番の被害者は、一生懸命に練習したほかの生徒たちであることは言うまでもない。

 

【画像】

(C)melnikof / Shutterstock

【あわせて読みたい】

「悪者」木村拓哉が見直され始めている!? 

「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評

エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去

「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑