ジブリ最新作『アーヤと魔女』大爆死!「世界最強の駄作」と酷評続出…

(C)Mix and Match Studio / Shutterstock

スタジオジブリの最新作『劇場版 アーヤと魔女』が、8月27日から全国で公開。しかし同作の幸先はあまりよくないようだ。

「アーヤと魔女」は、巨匠・宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗がメガホンを取った作品。ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説を原作にした映画で、主人公のアーヤが魔女のベラ・ヤーガとの暮らしを通じて、成長していく姿を描いた物語となっている。そして今作は、ジブリ作品初の試みとなるフル3DCG。全く新しい作品として、公開前から大きな注目を集めていた。