Adoの評判ガタ落ち…最近の楽曲をファン酷評「らしくなくて微妙」

(C)file404 / Shutterstock

『うっせぇわ』で一世を風靡した歌手・Adoが、8月中旬に新曲『会いたくて』をYouTubeへ投稿。映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』の挿入歌に使用された話題の楽曲なのだが、再生数は振るわない。なぜメディア露出が増えているにも関わらず、人気が落ち込んでいるのだろうか?

Adoの楽曲の再生数が目に見えて少なくなったのは、『夜のピエロ』がリリースされた辺りから。「夜のピエロ」は6月14日にYouTubeに投稿された楽曲で、9月1日現在で約1376万再生を突破している。

決して少なくない数字なのだが、一つ前に投稿された『踊』は約7414万再生を記録。再生回数が急に落ち込んだ原因は不明だが、「夜のピエロ」がこれまでの楽曲とは異なり、ゆったりとした曲調だったため、既存のファンには刺さらなかったのかもしれない。

バラードは似合わない? Adoファンが反発

「会いたくて」で巻き返せると思いきや、むしろ評判はガタ落ちしてしまう。同楽曲は〝両片思い〟をテーマしたバラード調のラブソングなのだが、Adoのファンからは、

《Adoの会いたくて聴いたんだけど、この曲Adoじゃなかったら絶対伸びないよな》
《新曲の「会いたくて」ってのは最悪なんだよな》
《会いたくてってやつクソ過ぎね? J-POPキレイ事時代みたいな気持ち悪い歌詞とリズムでなんかアレだな》
《Adoの新曲初めて微妙やなって思ってたけど映画の挿入歌なってたんだ。だからなのかな、らしくなくて微妙》

などと酷評が相次いでいる。悪く言えばどこにでもありそうな楽曲だっただけに、落胆した人も多いようだ。

「一部では、反ワクチン企業として知られている『タマホーム』のCMに出演したことがきっかけで、人気が落ち込んでいるのではないかという声も。しかし『タマホーム』のCMソングはYouTubeでかなり再生されています。それよりも『夜のピエロ』と『会いたくて』の歌詞と曲調が、Adoのファンに刺さらなかったのが原因でしょう。Adoはこれまで現在の若者が抱えている感情を歌ってきました。『うっせえわ』では社会への反骨心、『ギラギラ』では容姿へのコンプレックスを唯一無二の歌詞と曲調で表現。しかし、『夜のピエロ』と『会いたくて』は良くも悪くも無難な歌詞のJ-POPらしい楽曲です。このまま商業的な楽曲ばかりリリースしていれば、埋もれてしまうのも時間の問題かもしれません」(音楽ライター)

歌手として大成するかどうか左右する大事な時期だけに、ヒットソングを飛ばしてほしいものだが…。作詞作曲を手掛けるアーティストのガチャ要素が強いので、難しいのかもしれない。

【あわせて読みたい】