『東大王』“ポスト鈴木光”誕生!? 期待の新星に大反響「ヒロインになれる」

(C)Dean Drobot / Shutterstock

若き天才たちによる白熱した〝知識VS知識〟の対決でお馴染みのクイズ番組『東大王』(TBS系)。ここ最近は迷走気味の内容にブーイングばかりが目立っていたが、9月1日の放送で〝期待の新星〟が誕生し、視聴者から歓喜の声があがっている。

同日の番組では前週に引き続き、予選を突破した3人1チームの高校生たちが頂点目指して対決を行う「東大王クイズ甲子園 2021」を放送。前週で予選突破した8校が半分にまで絞られ、今回の放送では勝ち抜いた4校が〝クイズ日本一の高校〟の座をかけて熱きクイズバトルを繰り広げていった。

「同番組は今年3月以降、クイズ番組らしからぬ内容で視聴者離れが加速していました。迷走は、絶大な人気を誇っていた東大生・鈴木光が東大と番組を卒業した直後から始まり、次第にバラエティー色が強まる傾向に。〝遊園地に関する問題〟などの特集が組まれた際は、知識よりも雑学がメインで、視聴者からも《東大関係ない》などと指摘されるほど。一方で今回のクイズ甲子園は、番組コンセプトに一番近い知識が問われる勝負でした。おそらく視聴者も、本来の『東大王』が帰ってきたと喜んでいたことでしょう」(芸能ライター)

『東大王』がついに迷走期から脱却か!?

クイズ番組の名にふさわしい、見事な戦いっぷりを見せてくれた高校生たち。そして今大会でもっとも注目を集めたのが、栄東高校チームのリーダー・笠井虹来だ。同校は前回の大会で優勝を逃したものの、今大会は彼女とチームメンバーの協力で見事に優勝を勝ち取っている。また笠井はネット上で、

《虹来ちゃんがもし東大王チームに加入したら、鈴木光ちゃんとは違うベクトルでヒロインになれると思います》
《笠井虹来に華があって、第2の鈴木光になってくれるかもと期待する!》
《栄東の笠井さん鬼のかわいさなんだが? ぜひ東大に入って東大王のメンバーとなり光ちゃんの後継者となってほしい》
《虹来ちゃんかわいかったな。東大王入ってくれたら光ちゃんと同じくらい推せそう》
《笠井さんは優秀な成績をとれば、将来の鈴木光になれるな》

などと絶賛されており、〝ポスト鈴木〟としてファンの期待を集めているようだ。

しかも今大会は、番組の迷走疑惑も払拭できた模様。

《今夜の東大王は面白かった》
《求めてた東大王が久しぶりに見れてる、マジで感動!》
《難易度高くて本当に楽しめました。レギュラー放送ファミリー問題をやめて、このような難易度に戻してください!》
《勝っても賞金も何も無く、それぞれ3人ずつのチームでも、出てくる問題が面白かった。各大学のクイ研チームが来てたのも懐かしい。東大王の良さがいっぱいだった》

などの歓声が巻き起こっている。

今回のクオリティーを保ちつつ笠井を起用した場合、同番組もかつての賑わいを見せるかもしれない。しかしそれは笠井が高校を卒業し、東大に受かるまで番組が存続していることが条件のため、今が踏ん張りどころなのかもしれない。

【あわせて読みたい】