松居一代と船越英一郎の離婚裁判「芸能界最長記録」と化すか

(C)まいじつ

船越英一郎が松居一代を相手取り、名誉毀損とプライバシー侵害で訴訟を起こしたと一部で報じられた。

「7月に船越の所属芸能事務所と船越本人の連名で、東京地裁へ業務妨害と名誉毀損の仮処分申請をしました。これは松居が自身のブログやYouTubeなどで船越の不倫疑惑やプライベートについて暴露を続けていたため、それを差し止めるためのものです。これを前段階にして、今回、民事提訴に踏み切ったということです。さらにこれとは別に、6月には船越が松居に対して離婚調停を申し立てています。つまり船越は、松居に対してふたつの裁判を起こしたのです」(芸能ライター)

仮処分申請の効果があったようで、松居による暴露動画の投稿は止まったようだが、離婚裁判は長引きそうな気配だ。

 

長い時間の掛かる芸能人の離婚裁判

「過去にあった芸能人による離婚裁判には、高橋ジョージと三船美佳、高嶋政伸と美元、松野行秀と沢田亜矢子がありますが、それぞれ1年2カ月、1年8カ月、3年の時間がかかっています。特に松野と沢田の場合は最高裁の上告棄却までいきました。これらはいずれも別れたい側と別れたくない側の争いでしたが、船越と松居は両方、別れることには同意しているので、かえってやっかいなのです」(前出・ライター)

船越と松居の裁判が長引きそうな理由には、双方の要求が違っていることが挙げられるという。

「船越はとにかく別れたいだけですが、松居は公に不倫を謝罪させたいと考えています。ところが、これまで取り沙汰されたハワイ在住のエステティシャン、大宮エリーは、いずれも不倫相手ではなさそうです。とはいえ、松居は強気な人物ですから、自身の主張が受け入れられなければ、上告するのは確実とみられます。そこへさらに名誉毀損等の裁判も絡んでくるわけですから、泥沼化は必至です」

今後の展開が注目される。

 

【あわせて読みたい】

無造作に大金を放置、すごい偏食…カズレーザーの変人ぶり

※ ジャズトランペッタ―日野皓正「公開往復ビンタ」の隠れた内情

※ 「悪者」木村拓哉が見直され始めている!? 

※ 「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評

※ エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去