コード・ブルー出演中の新木優子が「幸福の科学」広告塔に

alexlmx / PIXTA(ピクスタ)

フジテレビで現在放送中の“月9”ドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』に出演している女優の新木優子が、宗教法人『幸福の科学』の信者であることを8月31日発売の『週刊新潮』が報じている。

「新木はフライトドクター候補生のフェロー役で出演していて、徐々にしっかりとした医者になってきています。ということは、幸福の科学としても“イメージがいい女性医師”を演じているので、しっかり“広告塔”となっているということです」(芸能関係者)

新木の所属芸能事務所は戦々恐々としていることだろう。清水富美加(法名=千眼美子)のようにいきなり出家でもされたら、多額の賠償金を背負わされかねない。

「“命”を扱うという点で、コード・ブルーは宗教的だという言い方もできます。『治療を開始しろ。しないと患者は死ぬぞ!』と山下智久がフェローに言い放つ台詞は、もはや宗教的なものを超えているような気もしますが…。時折、山下がモノローグで医者としての限界を話すときもありますが、それはもはや“懺悔”に近い感じすらあります。一方で、新木の演技を信仰者として改めて見ると、患者を前に“治療という儀式”をしているように見えなくもありません。さしずめ新木は救済者といったところでしょうか」(脚本家)

 

新木以外に信仰している有名人の名も明らかに?

一説には、新木だけでなく、幸福の科学を信仰しているほかの有名人の名前も、これから明らかになっていくという。

「教団にとっては、少しずつ信仰している有名人の名前を開示していった方が、今後の布教には役立つでしょう。有名人が信仰しているということで、ファンが入信する可能性もあり、イメージ戦略にもなります」(前出・関係者)

新木はコード・ブルーの劇中で、「医療ドラマを見て医者になりたいと思った」というミーハーな設定を演じている。患者を目の前にすると、頼りなさげな表情をみせることもあり、その顔を見ていると守ってあげたくなるというファンもいる。SNS上でも《信仰していてもファンであり続ける》、《新木タン、がんばれ》、《信者だとしても応援するわ》と応援の投稿が目立つ。

教団のイメージアップに大いに貢献しそうだ。

 

【あわせて読みたい】

無造作に大金を放置、すごい偏食…カズレーザーの変人ぶり

※ ジャズトランペッタ―日野皓正「公開往復ビンタ」の隠れた内情

※ 「悪者」木村拓哉が見直され始めている!? 

※ 「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評

※ エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去