『アメトーーク!』打ち切りに!? ソックリ番組の放送に飛び交う憶測…

蛍原徹 

蛍原徹 (C)まいじつ 

お笑いコンビ『千鳥』が司会を務める特別番組『千鳥の芸人C-1グランプリ』(テレビ朝日系)が9月3日に放送された。ネット上では同番組が、人気バラエティー『アメトーーク!』(同系)にソックリだと話題になっており、〝とある疑惑〟が浮上することに。

「C-1グランプリ」は、ノミネートされた30名の人気芸人たちが5つのチャレンジ企画に挑戦していくバラエティー。ゴールデン3時間SPで放送されたこの日は、「寿司を食べながらカラオケ高得点バトル」、「強風×早着替えクイズ」、「元野球部芸人 ホームランダービー」などの企画が実施される。またスタジオには『ブラックマヨネーズ』小杉竜一、『アンガールズ』田中卓志、狩野英孝、タレントの峯岸みなみ、丸山桂里奈ら人気芸能人も登場。「千鳥」と共に企画のVTRを鑑賞し、大きな盛り上がりを見せていた。

しかし「C-1グランプリ」に、視聴者は違和感を覚えた模様。それは体を張る芸能人たちをスタジオで鑑賞するという同番組のスタイルが、「アメトーーク!」のスペシャル放送に類似していたからだ。しかも番組内で「強風×早着替えクイズ」に挑戦していた田中が、「ほぼ『アメトーーク!』でしたね」と零す一幕も…。

遠回しに『アメトーーク!』終了のお知らせ?

「普段は〝○○芸人〟というテーマに沿ってスタジオでトークする『アメトーーク!』ですが、スペシャル放送などでは違った趣旨の企画が放送されることも少なくありません。特に芸人たちがさまざまな競技に体を張って挑む人気企画『芸人体当たりマン決定戦』を放送することが多く、その内容は『C-1グランプリ』とよく似ています。ちなみに田中は『アメトーーク!』で巨大扇風機を使った企画にたびたび登場していたため、『C-1グランプリ』の企画が似ていることを指摘したのでしょう」(芸能ライター)

ここにきて「アメトーーク!」ソックリな新番組が始まったため、一部視聴者からは「C-1グランプリ」が「アメトーーク!」の後番組ではないかと囁かれている。実際にネット上では、

《まんまアメトークで草。雨上がりの2人はどういう気持ちでテレビ観るんだろ》
《アメトーク終わってこの番組に変わるのかな…》
《C1グランプリほぼアメトークじゃん(笑)もしかしてアメトークの後続番組なのかな?》
《アメトーークの後番組の準備をしているように見えてしまう》
《アメトーク終わらせるつもりなのかな?》

などと邪推する声が。

解散を発表した『雨上がり決死隊』が、8月17日に「アメトーーク!」の特別編として〝解散報告会〟を配信したばかり。ひとまず「アメトーーク!」は蛍原徹が一人で続けると発表されていたが、果たしてテレビ朝日にはどんな思惑があるのだろうか…。

【あわせて読みたい】