『逃走中』ミッションに“犬”を使って炎上「転んだらどうする」「かわいそう」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

9月5日放送の『逃走中』(フジテレビ系)で、犬を使った演出に犬好きが激怒している。

この日は『お台場パレットタウン』が舞台。残り46分で参加者たちにミッションが課された。会場内に犬を3頭置き、見つけた参加者が残り30分までにドッグランに運んで肉球を認証すれば、時間当たりの賞金額がアップするとのルールだった。

犬アレルギーという狩野英孝らを除く6人がミッションに参加。『日向坂46』の渡邉美穂は施設内でチワワを見つけたが、直後に鳴き声に気付いたハンターに追いかけられた。犬を抱き上げたまま逃げた渡邉だったが捕まり、犬は渡邉が確保されたその場で、リードが付いたまま待機。後に土屋アンナが見つけ、ドッグランに運び肉球を認証した。

犬を抱きかかえて参加者が逃走

元サッカー選手の佐藤寿人は屋外でセント・バーナードを見つけたが、55キロの大型犬。「抱っこ絶対無理ですよ…」と嘆きながらもリードを引っ張った。『ジャングルポケット』の斉藤慎二も屋内でトイプードルを見つけてドッグランへ。

だが佐藤は途中でハンターに見つかり、犬を置いて逃げたが確保。斉藤もトイプードルを抱えて走ったが間に合わず、結局土屋1人しかクリアできなかった。

犬好きの視聴者は一連のシーンを見て激怒している。犬を抱えて走り回るのは犬に負担がかかるとの指摘があったほか、屋外にセントバーナードを放置するのはかわいそうだとの声も。また、リードを垂らしたまま会場内に放置すると、参加者の足に引っかかり危険だとの指摘もあった。

《ミッションとして犬などの動物を使用するのは企画として駄目》
《犬飼ったことないからなんもわかんないけど、あんなにリード引っ張ったらかわいそう》
《本物の犬はかわいそう。犬アレルギーの人いるし、抱っこした状態で走るのも危険だし、足踏んじゃったりむりやりリード引っ張るのもかわいそう》
《かわいいけどさ! 犬がかわいそすぎないか、これ》
《もし走ってて犬抱えたまま転んだらどうするんだと思ってもーた… それやるならぬいぐるみでいいじゃん…》

本物の犬を使う意味はあったのだろうか。

【あわせて読みたい】