炎上フェス『波物語』で観客にブチ切れ! ラッパーのド正論動画が話題に

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

俳優でラッパーの真木蔵人が、炎上中の野外フェス『NAMIMONOGATARI 2021』のステージで、ルール無視の観客に〝ブチ切れ〟している動画が流出。ネット上で大きな話題になっている。

同フェスは8月29日に愛知県常滑市の『Aichi Sky Expo』で開催。一部の観客が密集したり、マスク未着用で飲酒するなどし、批判が殺到していた。真木は「盛り上がるのはいいんだよ、でもマスクは付けてくんねぇ。お前たちがお前たちの手でお前たちのイベントぶっ壊してどうすんだよ!」「誰かがケツ取られんだろ。VIP席のみんなだってそうだよ、マスクぐらいしてやってくれよ。だから俺たちこれ開催出来るようになったんだぜ。なんでマスクしねーんだよ、おっ、調子に乗ってんじゃねーぞ!」とシャウトした。

続けて、「すぐこのイベント中止に出来るんだぜ。なんでだよ? お前たち騒ぎてーんだろ? 楽しみてーんだろ? だったら最低限のルールは守れよ! それ普通じゃねーかよ。色んなゴロツキがいっぱいいるんだよ、不良もいっぱいいるんだよ。わかる?」「その中で唯一出来ることじゃねーかよ。俺たちは感染を広げる為にこのイベントやってんじゃねーんだよ。わかるか? 調子には乗んな! マジで」とマスクを付けない客にブチ切れた。

真木蔵人の“注意呼びかけ”に心を打たれる人続出

そんな真木の姿を知ったネット民からは、

《まさかこんなところにまともな大人がいたとは! 真木蔵人のことちょっと見直したわ》
《真木先生よく言ってくれた! このくらい言わないと調子こく人がわんさかいるんじゃ!》
《勇気がいる行動だと思う。雰囲気に呑まれず、きちんと言うべきことを言えるのは、かっこいい》
《真木、暴力沙汰とか問題いっぱい起こしてるけど、いいこといってるじゃん。しばらく見ないうちに大人になったな》
《ワイドショーはこういうの流してほしい。ちゃんと客に注意してる出演者もいるじゃん!》

などと、共感の声が相次いでいる。

「かつて真木は特技のサーフィンでカリスマ的存在になり、街の不良の兄貴分として慕われていましたが、現在は過去の不倫や暴力沙汰が問題視され、本業の俳優業は開店休業状態です。2016年5月に自宅で交際相手に暴行を加えたとして傷害罪の容疑で逮捕されたのが致命的でしたね。そんな真木が大盛り上がりのステージで、客に冷や水を浴びせる〝正論〟を吐いたのですから、ビックリした人も多かったんじゃないでしょうか。まさかのブチ切れ発言に会場も一瞬静まりかえったようですね」(芸能記者)

すっかり表舞台から姿を消していた真木だが、まさかこんなところで大人になった姿を見せていたとは…。これを期に俳優業のオファーも再び増えるかもしれない。

【あわせて読みたい】